TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

夏だ!トップチニングだ!

2016年 6月 19日 12時頃

6月中旬、毎年この時期になると、河川のチニングがおもしろくなってくる。5月くらいからチヌ・キビレが河川に上ってくるからだ。大分県北の山国川などでは6月がシーズンで、この時期になるとルアーに良く反応してくる。

そして夏と言えば、やはりトップチニングである。ルアーは7㎝前後のペンシルベイトとポッパーを使用する。ロッドは、専用ロッド又は7ftクラスの柔らかいメバル・アジングロッドがオススメ。リールは小型の2000番台。簡単に言うと、支流のメバルタックルで充分であると言うことである。この方が柔らかいので、操作しやすいからだ。

ルアーの動かし方は、ポッパーだど「ポコッ、ポコッ」と軽くアクションすると良く、ペンシルベイトは常にドッグウォークすると良い。チヌの活性が高い時は逃げ惑う小魚を演出し、早めのドッグウォークが効果的である。活性が低い時は、フェザー付きフックが付いた物を使用すると、より効果的で反応が出る場合がある。

釣る時間帯は、チヌの警戒心が薄れる朝まずめがオススメ。チヌが居れば1投目で釣れることも多い。チヌに交じってシーバスも釣れる。もしも良型のシーバスが掛かった際は、無理なくゆっくりヤリトリしよう。また、この時期に多いダツの猛攻には注意したい。釣ったチヌを持って帰る場合は、ストリンガーを準備しておくと便利である。なるべく小さいサイズはリリースしよう。タックル以外の装備はランディングの際に便利なフィッシュグリップが必須品。また水位が高い場合は、ウェーダーを持っておくと心強い。これからの時期は暑いので、サンダルやスリッパで川に浸かりながら釣るのも気持ちがよい。ただし、浸かるときは貝殻などで足を切らないよう注意。他にはライフジャケットもお忘れなく。

これからますます暑さが増し、釣行の際はこまめに水分補給をしっかりと摂り、熱中症には十分注意すること。タックルを揃えて身近な河川でトップチニングを楽しんでみてはどうだろう?

豊前市在住/田島雅治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード