TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

第4回M ー1カップ全国グレ釣り選手権 九州地区一次予選宮崎県会場

2016年 5月 22日 11時頃

■魚種/クロ
■場所/宮崎県北浦・島ノ浦・南浦
■当日の状況・大会概要

当初は5月22日(日)に開催予定だったが、2 度の延期により6 月26日(日)に開催。当日は梅雨時期の貴重な晴れ間に恵まれ、絶好の釣り日和の中137名が参加。受付・抽選を済ませた選手たちは、北浦・島ノ浦・南浦エリアの12船に分かれ出船。競技規定は23㎝以上5枚以内の総重量。競技時間は6 時から13時までの7 時間、セミファイナルの切符を目指して腕を振るった。結果は67名の検量があり、201枚のクロが持ち込まれた。今大会の代表決定戦への進出者は、各船の上位から選抜された19名が平成28年10月2日(日)、大分県鶴見で行われるセミファイナルへの切符を手にした。

■優勝者のコメント・戦略…エサ盗りが非常に多い状況の中、手前にマキエを打ち、20〜30m沖にポイントを定め、全遊動の仕掛けで2ヒロ以内で釣れるクロにターゲットをおいた。使用配合エサは遠投を意識した選択。主な使用ツケエは「特鮮むきエビ」で、4 号バリに合うよう細かくカットして使用。ほとんどのクロが「特鮮むきエビ」での釣果で、沖アミに比べて食い込みが数段良く、かつ比重があるのでエサ盗りの層をいち早く突破することができたと思います。午前8時頃には規定のサイズの5枚を確保することができた。

■仕掛け/竿:1・25号 ー 5m、リール: 1 7 0 0 番、道糸: 1・5 号、ウキ:00号、 オモリ:G8×4、ハリス:1・5号、 ハリ:グレバリ4号

■使用したエサ○ マキエ: グレパワーV 9 徳用、グレパワーV 9スペシャル、グレパワーV10スペシャル、グレパワー遠投、沖アミ生4角○ ツケエ: 特鮮むきエビ、堤防オキアミ
■順位(セミファイナル進出者)
優勝…福本勉(大分)5820g
2位…時吉長稔(宮崎)5030g
3位…江藤大介(宮崎)3725g
4位…岩切克人(宮崎)3120g
5位…岩田祐一郎(熊本)2655g
6位…河野三樹夫(宮崎)2270g
7位…椎原和幸(宮崎)2200g
8位…上田紘司(宮崎)2170g
9位…神原英樹(宮崎)2140g
10位…那須友和(宮崎)1820g
11 位…新甫尊昭(宮崎)1695g
12位…下西ノ園大地(熊本)965g
13位…寺田泰隆(宮崎)3765g
14位…甲斐智宏(宮崎)2050g
15位…曽原賢(宮崎)5675g
16位…新甫悟士(宮崎)3060g
17位…林幸広(宮崎)2910g
18位…日田智之(熊本)1955g
19位…矢野政美(宮崎)1035g
(敬称略)

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード