TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

八坂川河口でチニング

2016年 7月 5日 9時頃

激しく降り続いた雨が上がると共に急に夏空となった九州地方。連日30℃を超える真夏日が続き、急な水温の変化に魚達も少し戸惑っている様に感じる。こうも刻々と気象や水温が変わってしまっては、いつもの様に釣りに出掛けようとも釣り物が定まらない。こんな時、最高の好敵手と言えばチヌを思い浮かべる人も多いだろう。夏チヌは引きが格別と言われるほど、高水温に強いチヌ。こんな時だからこそ、この魚の本当の魅力に気付けるのかもしれない。

7月5日、大潮。この日は短時間の釣行。釣り場に着いたのは14時で、潮位の一番下がる15時30分頃まで集中して竿を出す事にした。釣り場は去年、本誌でも紹介した杵築市にある八坂川河口の水深の浅い干潟。ここでは毎年最盛期になると、キスやシーバス、マゴチやヒラメといったフラットフィッシュまで沢山の釣り物で賑わいを見せる。淡水と海水が入り混じる事から無論、汽水域を好むチヌもおり、毎年良い型が多数釣り上げられている。

このエリアは地形の変化に富み、全体的に浅いため、潮止まりでも常時流れがあるポイントで、ここでの釣り方は、活きエサや切り身を使ったぶっ込み釣りが一般的である。しかし、アプローチ次第ではエサ釣りでは狙い難かった流れのより強いスポットや、スレていない横の釣りを展開でき、またエサ釣り同様、潮周り次第では型の良いチヌが連発する事から、知る人ぞ知るチニングの穴場スポットとなっている。唯一の難点は、海藻が大量に流れるため、ルアーのフックが藻を拾ってしまい、うまく泳がせるのが難しいというところ。そのため、潮の速い時などにはルアーバランスを見ながらフロントフックを外したり、場合によって2フック仕様に変更するなどして工夫したルアーの使い方を強いられる場合がある。

この日1投目は14gのシンキングミノーから使用し、しばらく様子を見る事にした。今回は重めのルアーを使用する事も考え、MLクラスのシーバスロッドにP E の0・8 号、リーダー3号を組んだタックルで釣りを開始した。流れのヨレている部分をトレースしながらリトリーブ。出来るだけゆっくりと浅いレンジをキープしつつ巻いてくると、ピックアップ直前に足元のカケアガリ付近で黒い影が追従してくるのが見えたが、残り5mというところで惜しくも反転して逃げて行ってしまった。

この後も30分程ミノーを使用したが、次第にルアーを追う影も消え、流れ出す海藻の量が増えてフックに藻が絡み出す事が多くなって来たため、早々にルアーをチェンジする。続いて使用したのは28g、大型の鉄板バイブレーション。しっかりと底を取り、ボトムをコンタクトさせながらアピール重視で探ってみる。これならば、表層付近の海藻を拾う事もなく、何よりヤル気のあるチヌが居た場合、答えが早いと考えた。

杵築の干潟では、バイブレーションの場合、着底し巻き始めと同時にバイトが出る事が非常に多く、コツとしてはキャスト後の糸フケを極力作らない様、サミングを入れ、着水と同時にリトリーブを開始する。そうする事でバイトにいち早く気づく事ができ、フッキングも決まりやすい。2〜3投フルキャストして巻き始めて間も無く、やはりボトムにルアーが付いた瞬間、生命反応あり。即座に強めにフッキングを入れる。引きからするに、大型のサイズではないものの、所々に海藻やストラクチャーがあるため、巻かれてしまわない様に少々強引にヤリトリする。この時、足場が水面から近いために、どうしても竿を立て気味になり、うまくロッドの反発力を活かせ無くなる事があるので、ロッドの角度には十分配慮した上でヤリトリを楽しんだ。

魚を手前に寄せてきたら、最後まで気を抜かずランディングに入る。ランディングは、足元に余程の牡蠣殻が付いていたりしなければ、サーフゲーム同様ずり上げ可能な場合が多い干潟ではあるが、魚だけを手前に寄せて来るだけでは無く、ある程度魚との距離を詰めたらアングラー側が後ろへ下がる等して最後までしっかり竿を曲げる事がバラしの防止に努めたい。釣り上げたチヌのフックの掛かり方を見るに活性は低くない様子で、アタリが出にくいのは、どうやら連日降った大雨の後の濁りが、まだ退いておらずルアーを見つけにくいのではないかと感じた。なお、サイズは36㎝ と例年通りでいけば、この干潟で釣れるチヌとしてはレギュラーサイズより一回り小振りなサイズだ。

その後、終了を予定していた15時30分を過ぎ、丁度潮止まりに入ったため、納竿とした。これから、更に活性が高くなるであろう干潟のチニングゲーム。是非ともエサ、ルアー共に様々な干潟の魅力を是非とも感じてみてほしい。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード