TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

北浦 オナガ★チャレンジ

2016年 9月 8日 12時頃

9月8日、小潮。宮崎県北浦に釣行してきました。いくつかの台風が過ぎ去り、朝晩は涼しくなりすっかり秋めいてきましたね。7月、8月と毎月北浦にオナガ狙いに訪れたものの、不発に終わっていました。まだ夏磯の状況なのか? 秋磯を感じさせる状況なのか? 期待に胸を膨らませながら阿蘇港に車を走らせます。今回も北浦では毎度お世話になる「喜福丸」に乗船。平日ではありましたが、私を含めて3人の釣り客の姿が見えます。まだ薄暗い午前5時に出港。他の船は出ていない様子だったので、「喜福丸」は迷わず「中のハエ」に向かいました。そして1人を「中のハエ」先端、もう1人をワレ、そして私は船着に降りました。

今回用意したマキエは、沖アミ生9 角にマルキユーの「グレパワーV10」を3袋、沖アミ生3角に対して集魚剤を1袋の割合です。オナガ狙いのマキエは、沖アミの原型を崩さないようにしたいことと、浅ダナで食わせたいことが上げられます。なので、なるべく上層に長時間浮かせるために、比重の軽い「グレパワーV10」のみを混ぜます。そして仕掛けの準備に取り掛かりました。道糸、ハリスは共に1・7号、ウキは釣研「エイジアマスターピース/01」、ハリはがまかつ「TKO/5号」からスタートしました。

準備が整い期待の1投目、マキエを足下に入れると、コガネスズメダイがたくさん湧き上がりました。かなり魚の活性が高い様子。潮はゆっくりと深島方面に流れる本命の上り潮が流れており、期待大です。まずは10m程先にマキエを5ハイ打って、仕掛けを投入しました。まだはっきりと太陽が顔を出していないので、オナガは視認できません。しかし1ヒロ半程のタナで「エイジアマスターピース」が一気に海中に引き込まれます!「1投目から幸先がよろしい!」と思ったのも束の間、全く抵抗なく上がって来たのは、本命は本命でも20㎝ほどのコナガ(小さいオナガ)でした。本命の40㎝オーバーのオナガには、程遠いものでした。

小型が動くと少し厄介な状況と考えます…。マキエの投入点、仕掛けの投入点やタイミングを変えつつ、サイズアップを試みるも、1投1枚でコナガが邪魔します。段々日が昇り、海中が見えるようになって来ました。じっくりと観察をすると、どっからどう見ても小型しかマキエに反応していない様子です。2ヒロまでは視認することができますが、それ以上は見えないので、極力2ヒロから2ヒロ半までで、少しでも型の良いのを狙っていきました。すると2ヒロ半ほどのタナで、「エイジアマスターピース」がゆっくりと馴染みながらシモっています! そこから今までにないスピードで一気に消え去りました。すかさずアワセると、魚は一気に足下に突っ込んで来ます!「これはオナガだ」と確信!竿を叩かないので、ハリは飲まれていないはず! ヤリトリをしていると、瀬際にしつこく走ります。道糸、ハリスともに1・75号なので、かなり強気のパワーファイトで応戦していたのですが、突然ふっと軽くなりました…。回収するとハリは付いていたので、無念の口切れです…。

北浦のオナガは体高があり、引きがとても強いのが特徴です。さらに食わせるのに一苦労します。小型が多いのですが、マキエから外して投入点を変えるなど駆使すれば、小型も食わなくなるのですが、マキエのど真ん中にツケエを落とし込んで行かないと食って来ないのも事実。それだけにここで獲り逃がしたのは、ショックが大きかったです。気をとり直して攻めますが、やはり小型が多く20〜25㎝ばかりが釣れます。次第に潮は下り潮に変わろうとしています。すると、またしても2ヒロほどのタナで、ものすごいスピードでウキが消し込みます! グイグイ底に向かって走り出しましたが、強引に頭を振り向かせて浮かせます。しかし姿を見せたのは、40㎝程のイズスミでした。10時頃には潮が下り始め、エサ盗りの姿も見えなくなったところで、休憩をとりながら新たにマキエを作ります。タックルも傷がないか再度チェックしたりと後半の用意も終わり、再びマキエを打って海を観察。休憩後の1投目は意外と型の良い魚が食ってくることが多いので、丁寧に狙いましたが、状況は全く変わらず、小型ばかりが釣れ続きます。

下り潮がやがて上りに変わろうとしていますが、少々角度が悪く当て潮に…。しかし辛抱して釣っていると、やがて深島方向に流れてくれました。するとエサ盗りの活性が再び上がります。ここで10m先にマキエを5ハイ打ち込み、20秒程置いて仕掛けを投入。バッチリ投入が成功し、仕掛けが馴染んだ頃に少し張り気味で待っていると、今にもウキが消し込みそうな雰囲気になったところで、全神経を集中させていると、予想通りウキが消し込みます! と、同時にアワセ! 中々の重量感と共に足下に一気に突っ込んで来ました! なるべく糸を出さないように注意し、2回の突っ込みに耐えて水面に浮いて来たのは、まずまずのオナガでした! 大事にタモ入れしサイズを測ると、40㎝には足りませんが、この日一番の38㎝程でした。その後、夕方になるにつれて、20〜25㎝程の型だったオナガが、次第に30㎝級にアップしてきました。30㎝級を5枚キープして、後は型狙いに集中しましたが、そう簡単には行かず、釣っても釣ってもサイズは変わらない状況でした。たまに良型か? と思わせるも引きもイズスミであります。そして、いよいよマキエもなくなったところで納竿しました。

雰囲気的にはまだ夏の磯のようで、秋磯開幕はもう少しかかりそうな感じです。今回も良型オナガとは出会えずに終了しましたが、それなりに収穫のある釣行となりました。「喜福丸」ではオナガチャレンジが9月末まで延長するそうですよ。日中釣りで50㎝オーバーのオナガを釣り上げたら豪華賞品がもらえるビッグイベント開催中です。合わせてイズスミチャレンジも開催中ですので、北浦の磯に上がった際は、是非チャレンジしてみてください!

使用船=喜福丸TEL090・8831・0473
MFG九州/釣研FG東九州支部/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード