TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津プライベート釣行

2016年 11月 2日 13時頃

11月2日、中潮。紅葉も始まり、やや肌寒く感じ出すと、不思議と磯釣りモードに入ってしまいますね。クロの情報はまだか? と、ウズウズしている釣り人もたくさんいることでしょう。私もその1人なので、かなり気持ちが分かります。

この日は、久しぶりの米水津プライベート釣行ですが、かなり強い風が吹くという予報で、北北西の風10mといったまさに爆風の予報でした。そんな中、一緒に釣行してもらったのは鳥越さんと大津さんです。3人で竿を出すのはかなり久しぶりで、道中も会話が途切れることなく、あっという間に午前8時になっており、米水津の小浦港に到着。ゆったりとした見回り便の「えびす丸」さんにお世話になりました。やはり強風の影響なのか、今時期にしては待合所に駐車してある車が、少なめでした。すっかり夜も明けており、米水津の磯を見渡しながらどこに上がるか話しあった結果、「ゲンタロウ」に瀬上がりしました。やはり立っているのも辛い程の強風でしたが、すでに9時前だったので早速準備に取り掛かりました。

マキエは沖アミ生4角、マルキユー「グレパワーV9スペシャル」1袋、「グレパワーV9徳用」1袋、「グレパン」1袋、「超遠投グレ」1袋を丁寧に混ぜ合わせます。ツケエは「くわせオキアミスーパーハード/M」です。道糸、ハリス共に1・5号、ハリスの長さを約10m取りました。ウキは愛用している釣研「エイジアマスターピース/02」からスタートしました。まだ仕掛けを作っている中、鳥越さんがいち早く準備を終わらせ、すでに釣りを開始。なんと1投目から30cm程のクロを釣り上げていました。かなりクロの活性は高い様子なのか? 私も釣りを開始しましたが、1投目から米水津名物キタマクラにハリを盗られます…。強風の影響で水中がよく見えず、エサ盗りの確認ができない状況。風向きと潮の流れが同じ方向なので、やや速い左流れです。キタマクラがいることが分かったので、できるだけ遠投をしました。さすがマルキユーの配合エサ! この強風でもまとまりよく狙いの所に飛んでくれます! しかし私の腕が悪いため、マキエの投入点がズレてしまいます。何とか風を利用しながら調整していきました。しかし、今度は仕掛けの投入が定まらないのです。竿を振りかぶると同時に風が吹いて竿が煽られ、投入することができないのに加えサラシに道糸がとられて上手く流す事ができず、かなり苦戦を強いられました。なんとか投入することができても、ツケエが盗られるだけでクロからの反応は得られません。

思う様な釣りができない中、風が収まる合間にマキエを打ち、うまく同調すると、やや浅めの2ヒロのタナでキーパーサイズのオナガが釣れました。同じく浅めのタナに狙いを絞って狙うも後が続かず…。そうこうしている内に下げ潮の時間帯で、潮が右に行き始めました。潮変わりを逃さないよう集中して遠投で狙ってみると、状況が一転! なんとツケエが残って来ました。これはチャンスと確信し、次は深ダナまで流し込みます。すると竿1本半から2本程のタナで、バチバチッとラインが出るアタリを捉えます。しかし竿を叩く独特な引きを見せて上がって来たのは、バリでした。ここでハリを4号に替えて再度同じ様に狙ってみると、またもやバチバチッと強いアタリがありました。引きからして本命!40cmはありそうな重量感です。しかし「ゲンタロウ」は足下からのハエ根が竿1本程まで伸びているので、ヤリトリがし難く、魚は一気に足下にグイグイ逃げ込もうとします。時折ハリスが瀬に当たる感触が伝わりますが、ハリスの強度を信頼して無事に姿を見せたのは、体高のある丸々とした40cm級のクロでした。ややタナが深いですが、アタリは気持ちが良いほど竿引きなので、クロの活性はいい様子です。大津さん、鳥越さんもしっかり潮の変化を見逃さず良型グロを釣っており、さすがの2人としか言いようがありません。

その後は、次第に当て潮になったりと中々潮が安定してくれませんが、3人でポツポツながらクロを拾う事ができました。私も同じ様に攻めて3連チャンで同型グロを釣り上げることができましたが、やはりマキエと仕掛けが同調と狙いのタナで食わせる様にしないと食って来ないので、風が弱まるタイミングを見ながら釣っていきました。ちなみに竿2本以上のタナまで仕掛けが入るとバリやサンノジが食ってくるので、仕掛けは深く入れ込み過ぎないように、できるだけそのタナで長くツケエをキープできるよう、4号バリでゆっくり落としてやる事で、クロがヒットする確率が上がります。また足下のサラシが潮とは逆に右に延びていくので、道糸をとられないように細心の注意を払い、強風を利用してライン操作できた事もよかったと思います。サラシに道糸をとられた時は、ツケエが不安定になっており、アタリが出ずにツケエだけがかじられるのですが、上手くライン操作ができた時は、明確にアタリを捉える事ができました。

しかし、ライン操作はまだまだ未熟なとこが多かった様に感じますので、これからも頭に置いて釣行していきたいと思います。タフコンディションでの米水津釣行でしたが、クロの活性は非常に良く、天候・潮に恵まれれば高釣果が望めそうです。これからのハイシーズンにクロ釣りが期待できそうな米水津の磯でした。またゆったりした見回り便がある米水津の渡船は、時間的にも体力的にも余裕が持ててオススメです。今回は、かなり楽しませてもらいました。何かと忙しい11月ですが、また時間を見つけて米水津に釣行したいと思います。皆様も米水津に足を走らせてはいかがでしょうか?

MFG九州/釣研FG東九州支部/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード