TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見湾の釣りマダイ、アジ、サバ好釣

2016年 11月 26日 14時頃

11月26日、中潮。臼杵湾に浮かぶ津久見島周辺は、秋になるとチダイの群れが接岸。これが入るとようやく秋本番の釣りが始まるのだが、今年は大幅に遅れて入ってきた。つまり、まだまだ好機が続くとあり、「月見島観光開発」で船釣りや貸し船釣りを楽しむ方も多い。今は前述したチダイにアジ、潮次第で良型マダイなども釣れ、ほぼボーズがない釣果が続いている。

「マダイやチダイ狙いの場合は、水深35mラインを狙います。釣り方はぞれぞれ皆様のお好きな釣法で構いません。釣り方によって船の位置を調整いたします。一番多いのはカゴ釣りのお客様ですが、潮が速い大潮時には50号のオモリでも流されてしまうほど速くなります。よってカゴオモリは30〜50号クラスをご準備されることをオススメします。エサ盗りはいません。強いていうならつっぱりサイズのアジとメッキアジです。このアジ類を避わせば、良型マダイやチダイが釣れます。

ツケエは沖アミの生で十分ですが、日によってはマダイが浮き上がる日もあります。そんな時のために半ボイルを持参されると、生よりもゆっくり落とすことができるため重宝します。ハリはマダイバリの4号クラスを使用される方が多いです」と同船・船長のコメント。

マダイ、チダイのポイントは、カケアガリからフラットになった砂地の海底のため、ほぼ根掛かりの心配もない。またこのポイントが釣りにならないほど潮が速くなっても、近海の15〜20mラインでは、確実にアジが釣れ、潮次第で良型のサバも交じる状況。底を狙えば、チヌ、イトヨリなど多彩な魚も…。年末までは十分楽しめる釣りだけに、今後も大注目の釣り場と言える。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード