TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

北浦オナガ40cmオーバー

2016年 12月 4日 15時頃

12月4日、中潮。寒さもだんだんと厳しくなり、クロの便りがぽつぽつと聞こえ始めた北浦へ釣行してきました。今回は久しぶりに、私が大分でクロ釣りを始めた頃から大変お世話になっている広瀬さんとの釣りです。渡船は、北浦でよくお世話になる「喜福丸」さんの1便。船長に上げて頂いた磯はなんと名礁「中のハエ」の船着きです。早速、暗い中からマキエと仕掛けの準備をします。まだまだオナガのアタリがあるという事で、仕掛けは「がま磯インテッサGⅣ/1・25号/50」に、道糸は釣研の「フリクションZ / 1・7号」、ハリスも同社の「ウルトラフレキシブル/ 1・7 号」にして、グレバリの6号をセットします。まずは浅ダナを意識し、7 m のハリスに釣研「エイジア/ 0α」を使用。マキエは沖アミ生4 角にいつも愛用しているマルキユー「グレパワーV 9 徳用」、「超遠投グレ」、「遠投ふかせTR」、「グレパン」の配合に、オナガ狙いということで予備で持っていた沖アミ生1角を原形のまま混ぜ込みました。

すると薄暗い中、竿を出していた広瀬さんにアタリ! なかなかの抵抗で上がって来たのは40㎝オーバーの美味しそうなサバです! 早速私も竿を出すとすぐにアタリ、上がってきたのは45㎝ オーバーのサバです! その後、明るくなると共に釣れなくなったので、いよいよオナガ狙いに変更します。しかし、雨が強くなり海の中の状況がよく分からないまま時間だけが過ぎていきます。9 時を回った頃からやっと少しずつ魚が見え始めると、ウキが一瞬で消えるアタリに襲われます。しかし、すぐにハリが外れてしまい、その後また魚は沈んでしまいました。しばらくすると1 0 0 0釣法でウキを沈ませていた広瀬さんに強烈なアタリです! かなりの抵抗の末、上がってきたのは、40㎝ オーバーの立派なオナガでした!

再び魚が見え始め、1 ヒロ辺りまで浮いて来るようになりました。魚に合わせてタナを微調整しながら狙いますが、流石は北浦のオナガ、なかなか食ってはくれません。そこでフリーフォールでツケエを落とすのを止め、潮の角度に合わせて潮下から張り、ツケエを入れてやるとすぐに答えが帰って来ました。目の前からウキが一瞬で消え、すかさずアワセを入れます!何度も突っ込まれながらやっと思いで上がって来たのは、こちらも40㎝オーバーのオナガでした!

その後も同じように狙い、39㎝と37㎝を追加することが出来ました。広瀬さんも丁寧にマキエと合わせ、良型を追加していきます。その後、1時間ほど経つと魚のタナが深くなり、アタリも遠退いていったので納竿としました。今回の釣行では、見えているオナガを掛けることの難しさを痛感し、色々と試すことで少しでも釣果に結びついたのではないかと思います。この日、別の場所では40㎝ 後半の口太も上がっていたので、もう少し水温が下がればクロの本格的なシーズンに入ってくると思います。皆さんもぜひ釣行してみてはいかがでしょうか!

藤本祐一郎・記

使用船=喜福丸 TEL 090・8831・0473

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード