TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津「白子島」のクロ釣り

2016年 12月 4日 16時頃

12月4日、中潮。いよいよクロ釣りシーズン開幕といった季節になり、各地でクロの好釣果を耳にするようになりました。大分県南の鶴見・米水津を始め、順調に釣れているようですが、まだ水温も高くエサ盗りに苦労する磯もあるようです。そんな中、私のホームグランドでもある米水津に足を運ばせました。この日の天候は生憎の雨模様に加え、少しウネリも重なりました。さらに大会も開催されており、磯探しに苦労しました。ゆったりとした8時出港の見回り便で、今回お世話になった渡船は「えびす丸」さんです。一緒に釣行させていただいたのは、大津さんと本誌でもお馴染みの岡本みどりさん。

準備を済ませて出港したのですが、荷物を積み込んでる最中に本降りの雨が容赦無く降り注ぎ、一気にテンションが下がります。しかし、クロ釣りが大好きな3人なので、雨など気にせず磯選びに夢中です。そして「白子島の地」に上げてもらいました。ここは20m先から瀬が入っており、水道になっているため魚影の濃い所。他にも色々な魚が遊んでくれます。時期的にはこれから3月始めくらいまでは、50㎝クラスの良型グロも釣れるので期待できます。瀬上がりを終えたら不思議と小雨になり、3人に活気が戻りました。私はまずはお土産確保のために、ゆっくりエギングをする事にしましたが、残念ながら不発に終わってしまいました。いち早く準備を終わらせた大津さんは、流石の釣技で1投目から本命のクロを釣り上げました。私も早々にフカセ釣りの準備を済ませて、クロ釣りを開始する事に。

今回使用したマキエは、沖アミ生4角にマルキユーの「グレパワーV9徳用」を1袋、「グレパワーV9スペシャル」を1袋、「超遠投グレ」を1袋を混ぜ合わせました。ツケエはいつも使用している「くわせオキアミスーパーハード/M」。仕掛けは道糸、ハリス共に1・5 号とし、ウキはいつも愛用している釣研「エイジアマスターピース/01」を組んで、ハリはグレバリ4号からスタートします。まずはマキエを足元に入れてみると、ウネリがひどく潮も当てているので、足元でマキエが溜まっている様子です。米水津名物のキタマクラやハゲ系のエサ盗りがチラホラと見えています。沖から仕掛けを流してみると、足元で馴染みながらゆっくりとウキが沈む中、一気に海中に消えました! アワセを入れてヤリトリを開始しますが、さほど大きくはなく、30㎝程のクロをゲットしました。とりあえず本命が釣れて、幸先良いスタートにホッと一安心。

同様に狙ってみると、今度は竿を引ったくるアタリで、一気に瀬際に走ります! 竿で溜めながらレバーブレーキで対処するも、どうやら魚がデカすぎるようで、一向に弱まらずラインブレイク…。おそらくカンダイだと思われる引きでした。このヤリトリで道糸とハリスにだいぶ傷が入っていたので、交換しつつ2人の釣りを見学します。大津さんはコンスタントにクロを釣り上げており、いつもながら感心させられます。岡本さんも女性とは思えないほど上手く、遠・近とエサ盗りを分け、遠投して本命を釣っており、素晴らしいと思いました。

私も仕掛けを組み終えたので、次を狙うため釣り座に入ります。当て潮から少し左に変わった様で、同じく沖から仕掛けを馴染ませると、浅いタナでバチバチッとラインが弾け飛び、かなりの重量感伝わる引き!しかしウネリで前に出れず、上手くヤリトリできずに残念ながらバラシてしまいました…。本命の良型らしい引きだっただけに、かなり悔やまれました。また仕掛けを作り直して、攻めてみました。

次はかなり浅い1ヒロ半ほどのタナを攻めています。フカセ絡まん棒が走るアタリがありますが、何故かハリ掛かりしません。3回程素バリを引いてしまったので、次はじっくり送ってみる事にしました。するとフカセ絡まん棒がウキからじわーっと離れていくアタリ! 焦らずじっくり待ってみると、一気に加速して手元までくるアタリが出ました。引きからしてまたもや良型の本命らしき引きです。慎重にゆっくりとヤリトリして水面に姿を見せたのは、やはり良型の40㎝オーバーグロでした! タモ入れも成功し、久しぶりに良型グロを釣って、満足の行く釣行となりました。

MFG九州/釣研FG東九州支部/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード