TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

石巻落としフカセのススメ釣趣と釣果、ドッチモーッ!

2016年 12月 15日 16時頃

12月15日、大潮。大潮の最終日、3週間ぶりの釣行です。なんと、この日の釣り客は僕とサビキ釣り2名の計3名。釣り客が少ないということは、投入されるマキエも少ないということ。こうした状況が吉と出るのか凶と出るのかは、日頃の行いのせい? まさに神のみぞ知る世界。運を天にまかせて出港です。サビキ客は「さゆり丸」、僕は1番に釣り座を構えます。満潮は9時頃なので、ほとんど引き潮を釣ることになり、1番は最良。ですが、潮が動けばという条件付きです。曇天、ほぼ無風。潮は緩やかに右方向、9時過ぎには左方向になるはず。第1投は年間で最も遅い7時15分、沖上がりの時間まで釣趣も釣果も満足感溢れる釣りをしたいものです。というのも、ここのところ気持ちの良い釣りをしていません。狙い通りにしてやったりということでは10月2日のガラアジ、大物ゲットということでは10月19日に釣った77㎝のマダイが、それぞれ最後なのです。しかし、全くお魚さんとの出会いがないというわけではありません。ただ、お相手がバリやヘダイ。ともに良型で引きも中々のものなのですが、何といっても単調なヤリトリは釣趣に欠ける上、我が家におわします山ノ神様がお喜びになりません。神様はマダイやアジをご所望なのです。

そこで、今回は手持ちと置き竿の2本で勝負。置き竿はただの放置プレイに過ぎないのではないかという根本的な問題があることに加え、獲り込んでいる時にアタリがあったらどうするかという究極の難題? もありますが、上層からゆっくりと沈下させていくことで、マダイのアタリが期待できます。しかも、浅いタナで食ってくるマダイは良型である可能性が高いのです。つまり、手持ちでここぞというタナをピンポイントで攻めつつ、置き竿で上層からゆらゆらと幅広くマダイ(それも良型)のアタリを探ろうという欲張り大作戦。

釣り座、潮、天候等々の好条件が揃った中での作戦遂行。置き竿は水深5mから潮に任せて沈下させ、手持ちは20mから送り込んでいきます。何といってもメインは手持ち。あれこれと海中の様子を想像しながら穂先を注視、突然のアタリにも備えて丁寧にラインを送り込みます。しかし、2投、3投と続けますがアタリがありません。昨日は小さいながらもマダイを釣っていたそうなので、潮が変わるのを待つことにします。9時前になってようやくラインが左向きになりそうな気配。気合いを入れて投入したまではOK、絡んだラインを解こうとスプールを外したところで竿先を押さえ込むアタリ!大急ぎでスプールを戻して回収。強い引き込みはないものの、小気味良い感触は確かにマダイ。よしよし仕留めたぞと安心したその時、フッと竿先から生命反応が消えました。ハリ外れ…、アワセを入れる間もないバタバタ対応が災いしたようです。しかし、アタリがあったのは事実。気分良く手返しを重ねます。25mから送り込んで手元40mになった時、クンックーンッといきなりのアタリ! すかさず、ビシッ! きっちりとアワセを入れて回収。やはり強い引き込みはなく、小型のマダイです。竿引きのような明確なアタリは、大抵が小型です。大型は竿先にちょっとした異変を感じさせる程度でアワセを入れるや走り始め、回収の際何度も強い引き込みがあります。この強い引き込み、その強弱から瞬時に相手の大きさや動きを推測して機敏に竿を操作し、ラインを出し入れするスリリングな対処。これが追求するヤリトリの楽しさ、釣趣の実態だと思います。今回もそうした場面に遭遇することができなかったのは、極めて残念!とはいえ、小さくともマダイを手にして一安心。心も軽く次のアタリを探ります。しかし、魚影が薄いのか潮が気に入らないのか、上から攻めても底を攻めても海面と同様にピターッと平穏そのものです。そうした中、予定よりも早く帰っていったサビキ客を見送りながら、ひたすら手返し、手返し。仕掛けを入れないことにはアタリはないのですから、せっせせっせといつもの倍持参したエサを投入します。

すると、ポツーリポツーリとではありますが、小型のマダイがアタってきました。タナは深くて35〜40m ライン。連チャンはなく、アジはまったく姿を見せません。潮が本来の流れではないからでしょうか。なんとかせねばと、肝が旨いカワハギを狙ってみました。ラインの送り込みを45mで止め、お辞儀が終わったその時の穂先の微細な変化を拾ったのです。これでカワハギを2枚、サンバソウを1枚ゲットしました。

さて、置き竿。風など吹いてカセが動けばラインも適当に引き出されて好都合なのですが、あいにくと無風。さりとてオモリの重さで引き出すのではツケエがゆらゆらと沈下しません。やむなく強制的にラインの弛みを作ってツケエを沈下させ、手元40mになったら止めてアタリを待ちました。沈下途中でのアタリは皆無、止めてからのアタリはバリやヘダイのみ。良型揃いでしたが、すべてリリース、お持ち帰りしたのは写真の面々。

ということで、釣趣と釣果、二兎を追った欲張り大作戦は見事に失敗。それでも救いはあって、大好きなカワハギの肝を目にした山ノ神様がにっこりされたので、どうにか○判定。懲りることなく、良型マダイとの遭遇を念じて年末まで2回の釣行を予定しています。また、読者諸兄の釣り納め、釣り初めがよい釣りとなりますよう願っております。

HN/釣り一番・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード