TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江沖の船釣りマダイ・ハマチ・クロ

2017年 1月 17日 15時頃

1月17日、中潮。北西風の影響を避け、どうにか出港出来る日を見つけて出港している蒲江猪串港の「増丸」。年末からヤズ・ハマチの数釣りが楽しめる状況となっていたが、まだまだその釣果が続いているといった状態。例年ならそろそろ寒グロ狙いとった時期であるが、今年は異例中の異例。ヤズ・ハマチがこれだけ釣れているというだけに水温がまだまだ17度台と例年よりも高めに推移している。「本当に読めないので、釣れる物を狙うように心がけています」とは、同船の船長のコメント。

ポイントに入り潮が流れればウキ流し、あまりに状況が悪い場合は、すぐにウキを外したカゴ落とし込み釣りに変更。これにより良型マダイやハマチ、イサキなどの釣果が堪能できる。画像の中にヒメジを見かけるのは、それだけ底層を狙っている証拠。

「徐々に水温が下がっているので、徐々に寒グロシーズンに向かうのは間違いないです。ハマチはいつまで釣れるか分かりませんので、青物好きの方はお早めにご連絡ください」と船長のアドバイス。異例続きの蒲江の海だが、これだけ釣れれば全然OKだ!

写真提供=増丸 TEL 0972・42・0443

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード