TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

芹川ダムでワカサギ釣り

2017年 1月 15日 16時頃

1月15日、日曜日。昨年末のワカサギ釣りの結果をどこまで昇華出来るのか。再度、釣行です。しかし、この日は、この冬最高の寒波到来。芹川ダムまでの道には、雪が舞います。それでも、ダムまで到着すれば、この寒さですから群れも大きくまとまり、回遊の層も浅くなり手返し良く釣りやすいはずです。当然の強行軍ですね。さて、少し安全を考えて、路面凍結の無いよう遅めの10時集合です。今回は、前回初ワカサギ釣りだった信原さんが仕事で来られず、2人での釣りです。今年は、満水で湖面も高く、ボートも降ろしやすいのでバタバタと準備をして、11時には前回の「拾い釣り」のポイントへ…。まず、前回のパターンが生きているのか確認です。

しかし、やはりポツポツという感じの「拾い釣り」ですが、釣れる範囲が半分以下になっており、さらに強風でポジション維持に気を取られ釣りになりません。結局、移動はしましたが、ここのワカサギが断然サイズは良かったですね。その後、場所を移動した先は、前回、漁協の方が2艇でワカサギ釣りをしていたポイント。正確には、そのポイントは岬の馬の背なので、その手前の、ワンドに入りました。

ここは、まったく風の当たらない場所で、さらに水深12mの底から3mにワカサギがおり、食い気の立った群れではありませんが、前回同様の釣り方で、それなりに釣果がありました。この日は、風が冷たかったため、それを避けられ、陽の当たる快適な釣りができるポイントでした。釣り方としては、ワンドの中で数m程度の小さな移動をする群れを追いかけながら狙いますが、やはり底近くでしかアタリが取れない状況で、これは朝一のポイントに近い事から、この付近のワカサギに共通する何らかの環境がそうさせているのではないかと感じました。これが分かれば、全湖的に食い気のあるワカサギの群れを探すヒントになるのでしょうが、釣行回数が限られるサンデーアングラーでは厳しい話です。

さて、夕方になれば、路面凍結も考えられる当日の気象条件。午後3時には切り上げようと、3匹一荷もたまに交じる、このポイントに別れを告げ、帰路に入ります。フルスロットルで航行しながらも、次回のヒントを探しながら、魚探に目を凝らしていますと、ボートを降ろしたスロープの正に目と鼻の先に群れを見つけました。しかも、その一部は水面で小さくボイルしています。これは、とりあえず数投する価値があります。急ぎ、仕掛けを投入するとすぐにアタリが! まだ、仕掛けは4m程度しか落ちていません。すぐにアワセを入れ巻き上げると3匹掛かっており、次をすぐに投入します。すると、すぐにアタリが!どうやら、完全に食い気のある群れに行き当たったようです。

ここで、急いで船を上げる気はまったく失せ、2人ともラストのフィーバータイムを楽しみました。6本バリに4匹掛かりが最高でしたが、浅い水深で食うため、手返しが良くどんどん釣果が伸びます。しかし、陽が山影に入る30分後に「最後の一匹」をそれぞれ釣り上げ納竿。最後は、テレビの釣り番組のようなワカサギ釣りが楽しめました。しかし…、朝一は、見なかった群れです。と、言うことは時間的にポイントに入ってきた事になりますので、夕方限定の群れなのでしょう。

陽が落ちかけ気温水温が下がり、格好の条件で流れ込みのプランクトンを正に食い気を持って入ってきた群れになります。おそらくこの行動は、産卵期に入りこの場所に食い気を失って上がってくる3月まで続くものと思われます。2月のワカサギ釣りは、午後3時頃から公園前が狙い目ではないでしょうか。次回の釣行で確認してみたいと思います。

安藤美治・記
陽が落ちかけ気温水温が下がり、格好の条件で流れ込みのプランクトンを正に食い気を持って入ってきた群れになります。おそらくこの行動は、産卵期に入りこの場所に食い気を失って上がってくる3月まで続くものと思われます。2月のワカサギ釣りは、午後3時頃から公園前が狙い目ではないでしょうか。次回の釣行で確認してみたいと思います。

安藤美治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード