TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

寒グロ釣りの魅力と攻略

2017年 2月 8日 5時頃

今回は寒グロの魅力にせまってみたいと思います。寒グロと言えば、なんと言っても一番は食べて美味しいってことですかね。

見た目はあまり良くない魚ですが、白身で美味しく、寒グロの時期は水温低下で身が引き締まり、脂が乗ってさらに美味しさを増します。刺身で食べると美味しさがよく分かりますが、刺身に飽きたらしゃぶしゃぶにすると、また違った美味しさが味わえます。その他にも煮付けや塩焼き、味噌漬けなど、色々と料理が楽しめるのも嬉しいですね。次は大型に出会える確率が高くなることですかね。水温低下で活性が低くなるこの時期、小型より活性の高い大型が食ってくると思われますので、自己記録更新のチャンスかもしれません。

さて、こんな魅力のある寒グロが簡単に釣れると良いのですが、他のシーズンに比べると少し難しくなります。基本的にはタックルに大きな違いはありませんが、いかに食わせて、いかにアタリをとるかが重要なキモとなります。通常期でしたら、グレバリの5〜6号を使用しますが、寒グロの時期は3〜4号の小バリを使用して狙います。水温低下で活性が下がり、食い渋っていると考えられますので、小バリでジックリと呑み込ませて食い込ますように心掛けています。

オススメのハリは、ダイワ「DーMAXグレSS/スピード」です。このハリの特徴は、短軸で食い込みが良く、やや開いたストレートなハリ先もサクッと刺さるサクサス加工が施され、掛かりも強度も抜群です。また、この時期は北西風が強く吹く日が多く、アタリが取り難いことが多いですが、私の愛用ロッドダイワ「トーナメントISO・AGS競技」には、超高感度穂先SMT(スーパーメタルトップ)が装備されており、見逃してしまいそうな小さなアタリもしっかりと捉えてくれます。今年の初釣りで鶴見に釣行した時も北西風が強く吹いていましたが、ノーマル穂先のロッドを使っていた同礁者の倍以上アタリを捉えることが出来ました。また、細い、軽いだけではなく、全体的に粘りのある設計がされているため、 ふいに大物が掛かっても、溜めていれば魚が浮いてくるのも凄いところです。

仕掛けは基本的には全遊動ですが、強風でどうしても仕掛けが入らないと感じた場合は、2段ウキ仕掛け、ダイワ「プロバイザーGスペックTWIN」を使用します。上ウキは感度の良い小粒で、水中ウキが潮をしっかり掴み、仕掛けをタナへ馴染ませてくれるので有効です。他には重めの2B〜5Bのウキで竿1本〜1本半程の5〜8mのタナを半遊動で探ってみるのも効果的かと思います。

集魚剤は旨み成分アミノ酸を配合し、高比重で粘りのある「アミノXグレ遠投SP深攻め」と、「アミノXグレ遠投SP青のりグリーン」をブレンドして使用します。青のりグリーンには冬場に効く青のり、深ダナまで届く緑色ムギ、溶けにくい顆粒状のペレットが配合されており、深場にいるクロの食欲を刺激して活性を高めます。

最後に釣り場の選択ですが、北西風を避けるために南向きの磯がオススメです。私のホームグラウンドの鶴見で例えますと、通称「ダンノウチ」と呼ばれる「ダンバナ」から「タチバナ」の間、「鶴見崎突端」から「テッポウ」の間が望ましいと思います。そろそろ寒グロシーズンも本番ですが、魅力たっぷりの寒グロを楽しみましょう。

保月 利英・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード