TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

日田大山ダムのワカサギ釣り

2017年 2月 7日 8時頃

2月に入り内陸部(日田市)の私にとっては海釣りが最も厳しいシーズンです。若かりし頃のようにガンガン海釣りに行くパワーも先頃は落ちてきました(笑)。時期を見てチヌやクロ釣りも挑戦しますが、まずは地元の釣りで釣果を上げたいものです。

近場といえば大山ダムのワカサギ釣り。ここは、自宅から川釣りの愛車「道楽スペシャル(屋根付き三輪車原付)」で、15分すれば到着する淡水の絶好ポイントです。釣友より事前の情報をいただき、2 月1 日、ダム湖の上流部になる駐車場下のスロープに陣取りました。3日前、1日で200匹超えの釣果情報があり、期待が膨らみます。夜勤明けの朝9時から竿出しです。1投目から釣れると思っていましたが、まったくアタリがありません。ここは、正面を基準に左右45度ぐらいは投入可能です。遠投近投角度を変え、全てのポイントを探りますが、まったくアタリなし。まぐれで2匹の釣果…。これはいったいなぜ? といっても、実際はこんなものです。群れで泳いでいるワカサギは絶えず移動しています。先日はたまたまこの場所付近に群れが居たのでしょう。つまり今日はまったくワカサギが居なかったのだと判断しました。12時までの3 時間で見切りをつけ納竿。

帰りに橋上の様子を見ると、なんと入れ食い状態…。ポイントの選択ミスでしたか(笑)。橋上バージョンの竿は持ってきていませんでしたので、仕方なく自宅に取りに帰りました。往復30分程度で戻ってきた早々、常連組から× のサイン。どうやらアタリが止まったようです。… がっくり( 泣)。せっかく来たので竿出ししてみますが、やはり手遅れ( 笑)。8 匹程度釣り上げて納竿しました(悔)。そこで次の2日、夜も明けない6 時半に愛車で釣行です。昨日の不釣で早くから目が覚め、リベンジと思い早朝から竿出しです。到着すると気温は推定マイナス5 ℃ ぐらい。周囲が凍っていますが、なぜか道中はそんなに寒さは感じませんでした。早々に投入開始と行きたいところですが、なんせマイナス5 ℃ の世界、手が凍りそうです(笑)。14本仕掛けにやっと紅サシを取り付けました。常連組の指導により、朝まずめ一発目は浅いポイントに投入。さすがに常連組の指導、入れた途端にアタリが出ます。早々に10匹程度を確保とまずまずです。

常連組曰く、この浅場は30分から1時間で食いが止まるとのこと。時間が来ると、案の定ピッタリ止まりました。元の位置に戻って、ここからはじっくり攻めます。と言っても仕掛けを下ろして待ってるだけです(笑)。オモリに水分がついていると、地面に置いただけでひっつきます。ツケエの紅サシも地面に触れると凍ります(笑)。先端ガイドから3つ目ぐらいはラインについた水分が凍ってしまいます。次は9時頃から釣れ出すという情報ですので、しばしコーヒータイム。するとまさしく9時頃からアタリが出始めました。常連は鈴鳴りの釣果。私もまずまずの釣果が続きます。あっという間に50匹以上になり、11時頃まで入れ食いが続きましたが、徐々に食いが落ちてきました。そして遂に12時頃からはアタリが完全に止まりました。昨日はこの時間帯でもどんどん釣れていましたが、今日は違うようで残念です。その後、約3時間はポツリポツリの状態。釣り師が6人、竿が18本程度でしたが、まったくアタリがありません。そして15時には納竿しました。釣果の方は81匹と、前日が10匹ですので2日間で91匹でした。

続いて7日。今日も早朝から頑張ります。入れ食い100匹オーバーに期待しますが、なかなかうまくいかないのが釣りです。7時から15時まで粘って81匹。しかし一箇所のピンポイントで、200匹オーバーの釣り師が一人いました。群れのワカサギ場所に当たれば入れ食いです。それが外れると悲しい結果もあるかもしれません(笑)。橋上からの釣りの仕掛けについては、市販の商品でかまいません。ハリサイズは3号から3・5号でしょう。本数は14〜21本です。たまに切れた仕掛けをつないで、とんでもなく本数の多い仕掛けも見られます(笑)。竿については何でも良しという感じです。私は100均一で500円の竿を3本購入して使っています。また、先月も紹介しましたが、橋上からの釣りでは皆さん10号から25号程度のオモリを用意しています。風の強さでオモリを交換します。

橋の欄干を基準に、釣り座の間隔(2mが暗黙の了解)を保ちますので、強風の時一人だけ軽いオモリだったりすると、オマツリになる可能性があるので要注意です。投げ釣りでのワカサギ釣りの場合は、竿にもよりますので一概には言えませんが、5〜10号程度を使用しています。仕掛けの本線のサイズでオモリを飛ばせるかが問題になりますので、バランスが大事です。大山ダムのワカサギは、群れで回遊していますので日によってムラがあるのは当然です。私としては近場のポイントですので、足繁く通って釣果を上げたいものです。

なおワカサギ釣りは、遊漁券が必要です。必ず購入(市内の釣具店、または日田漁協、または監視員が巡回して来ますのでその時に購入)して挑戦してみてください。

日田市在住/波止釣り道楽(三苫章)・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード