TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 福岡県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宇島港沖一文字でメイタ釣り

2017年 2月 19日 0時頃

今シーズンは、まだ行けてなかった「宇島1 番」へ平日に釣行してきました。平日にも関わらず、15名の釣り人がいます。船に乗り船長に最近の状況を聞くと、水曜日から九電の温水が出てないらしく、チヌのアタリは渋くなっているとのこと(汗)。そうです、ここ宇島は極寒時期でも九電からの温水が出て、チヌの数釣りが楽しめるポイントなのです。しかし、今年は九電からの温水が出たり出なかったりで、水温が安定しないようで、それに比例して釣果の方も安定しなくなっています。

仕掛けは、竿が「臨海スペシャルRB/0号」、リールが「B B ーX ハイパーフォースC/2000DXG」、ウキが「黒魂アクセル/2B」、道糸が「銀鱗ハイポジションフロート/ 1・5号」、ハリスが「スーパーLEXハイパー/1・5号」、ハリが「プロフェッショナルチヌ/2号」。釣り場に着いてまずは、くの字の右側から釣りを開始しました。釣り始めから1 時間ぐらいはアタリもなく、ツケエは冷たく丸残り…。しばらくすると、隣の釣り人の竿が曲がってます。羨ましく見ていると、自分のウキにも反応が! 水面から10cmほど入ったところから、なかなかウキが消し込みません。しばらくするとモゾモゾと入って行ったので、このタイミングでアワセを入れると、30cm のメイタが釣れました。

その後も立て続けに同じようなアタリが続き、昼までに8枚のメイタが釣れました。午後からの下げ潮になって、くの字の左側に移動し、1投目から1枚釣れたので幸先良いと思ったのですが、後が続かず…。ただ、納竿前に40cmオーバーが釣れました。日頃は竿1本ぐらいのタナで釣れるのですが、今回は温水が出ていなかったせいか、ベタ底でした。まだまだ釣れる宇島港の沖波止に行ってみてはどうでしょう。

チームヤイバ九州大分支部/クラブキザクラ大分/九州真ぐれ会/岡野智治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード