TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

場所と時間帯のマッチングで回遊魚を攻めろ!!

2017年 2月 11日 13時頃

2月11日、大潮。寒気がやってくるごとに、恐ろしい寒さが釣り人たちを襲う。言うまでもなく、厳寒期でございます。僕のホームグラウンドである佐賀関は、海水温の低下が著しく、1月にはよく釣れていたモイカも、ついに全く釣れなくなってしまいました(涙)。最近はイカ釣りばかりしていたので、完全に釣りの目標をロスト(汗)。海水温が下がれば他の魚も釣りにくいですし、どうしたものか…。

そこで今回は、昨年の同時季によく釣れていたアジを狙うことにしました。釣具屋で釣果情報を確認すると、ポツポツと釣れている様子。大釣りしたとの情報はありませんでしたが、回遊して来さえすれば釣れるのがアジの良いところ。とりあえず、昨年の実績ポイントへ向かいます。道中、釣り場を見て回りますが、あれだけイカ釣り客で賑わっていた各漁港は、どこも閑古鳥です。寒さの厳しい季節は、釣り人の多さが釣果のバロメーターでしょうし、不安が募ります。17時前に釣り場に到着。案の定、釣り場は貸し切りでございます…。とにかく、今は夕まずめのチャンスタイム!さっさと準備をして、釣りを始めます。最近、少し日が長くなったので、周囲はまだまだ明るいです。

本日のエサは、ツケエの沖アミ170円に、釣具屋のオリジナルマキエ200円の計370円と激安!これでバンバン釣れてくれたら最高なのですが、釣れるのはフグばかり。遠投してもフグの猛攻を避わせず、たまらず足元を狙うとメバルがちょこちょこ釣れます。極寒の時季に、これだけアタリがあるのは良いことなのですが、狙いのアジは全然ダメ(汗)。18時を過ぎて周囲はだいぶ薄暗くなってきました。空には、でっかい満月。雰囲気はあるのですが、相変わらず状況は変わりません。外気温はなんと2℃!竿を握る手もかじかんで、そろそろ限界です。ボーズを覚悟し始めたとき、突然竿先を引ったくる強烈なアタリ!ボーッとしていて、ウキから目を離していたのでビックリ!魚は右へ左へと元気よく走り回ります。釣れたのは25㎝の中アジでした。

やっと群れが回って来たのか、暗くなったから食い始めたのかは分かりませんが、この時合いを逃すまいと、マキエを切れ間なく打ち続けます。すると、ウキに装着したケミホタルが、モヤッと海中に沈んで見えなくなりました。ラインを張り気味にしてしばらく待つと、またも竿先が引ったくられます!これは、なかなかのサイズ!足元の藻に潜られないように慎重に取り込んだのは、30㎝級の良型アジでした!

釣れた興奮のせいか、さっきまで凍えていた体はバッチリ回復。釣り人にとって、釣果が最高のホッカイロですね(笑)。この後、同じパターンで数匹のアジをゲットしますが、徐々にアタリはあるものの、ツケエを食い込まなくなってしまいました。ケミホタルが沈んでは浮き、沈んでは浮きを繰り返し、最終的にツケエだけ盗られてしまいます。これはイカンと、小粒のガン玉をハリスに打ち、余浮力をできるだけ抑えるように調節。さらに、ウキが沈んだ後に浮いて来たら、軽く誘いを入れてやります。また、ラインや竿先にアタリは出ないが、ウキが沈んで浮いて来ない場合は、10〜15秒ほどじっくり待って静かにアワセを入れます。すると、これが功を奏したのか、食いが渋いながらも、ポツポツと魚を拾えるようになりました。

結局、釣れ始めから1時間30分ほど釣って、20匹以上のアジをゲットすることが出来ました。型は30㎝級が3匹で、他のアジも平均26〜27㎝とナイスサイズ揃いです。まだまだ釣れそうでしたが、エサが無くなってしまったので納竿としました。エサ代から考えると、中アジ1匹が20円弱!なかなか割のイイ釣りをさせてもらいました。釣り人にとって、厳しい季節はもう少し続きますが、寒いからと言って、家にこもっていてはもったいない!場所と時間帯さえマッチすれば、この時季でもまずまずの釣果を残すことが出来ます。皆さんも防寒対策はしっかりとした上で、半夜のアジ釣りはいかがでしょうか?とは言え、アジのような回遊魚は神出鬼没。釣行の際は、週刊つり太郎で釣果情報のチェックを忘れずに…。

HN/もりたろう・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード