TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 宮崎県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

宮崎北浦武者修行 30cmグロの数釣り

2017年 5月 14日 12時頃

5月14日、中潮。今回は、宮崎県北浦にクロを狙って釣行です。最近北浦ではイサキが好釣の磯もあるようなので、あわよくばイサキも狙いたい所です。朝5時便で、毎度お世話に「喜福丸」にて出港しました。予想外にウネリがあるようで、高島周りからすごいウネリでした。各磯に釣り人を降ろして行き、私はトマス周辺にあるケナシに上がりました。初めて上がるのでワクワクしながら準備に取り掛かります。

今回のマキエは沖アミ4角にマルキユー「グレパワーV9徳用」、「遠投フカセTR」、「グレパワーV10」、「グレパン」を各1袋です。ツケエは沖アミ生とマルキユーの「スーパーハード/M」、「くわせオキアミVパック」です。仕掛けを道糸、ハリス共に1・5号、ウキは愛用している釣研の「エイジア/0α」を通して、グレバリ5 号を使用。タナは2 ヒロからスタートしました。

準備が整い早速釣りスタート。マキエを打ってみると、潮はゆっくりと左流れで無数のエサ盗りが確認できます。コガネ、ハコフグ、キタマクラ、カワハギ、トウゴロイワシがマキエに群がり活性は高い様に伺えます。ウネリに伴いサラシがきついので、仕掛けが落ち着く場所を探しながらエサ盗りが沖に出ない様に足元に入念にマキエを打って、仕掛けを投入。しかし全くツケエが残りません。仕掛けが馴染む前になんらかの魚に盗られているようなので、徐々にタナを浅くしてみると、釣れたのは23㎝程のクロ。かなり浅いタナで食っているようなので、遠投浅ダナに狙いを絞って、できるだけゆっくりツケエを落とすように、ハリを4号に落としてみると、ポツポツと23〜28㎝を拾う事ができました。型には不満があるものの、高活性なクロが遊んでくれます。それでもエサ盗りが元気なのでツケエが盗られることもシバシバ。ポイントを休ませる事にしました。

ある程度休ませた後、中間距離から狙ってみることにします。足元に10パイほど、そして2ハイだけ本命ポイントに打ってみるとウキが一気に消し込みました。アワセると中々の重量感で一気に足元にめがけて突っ込んできます。慎重に寄せて来ますが、まさかのハリ外れをやらかす失態。いい引きだけに悔しい…。切り替えて狙ってみると、先程までは見えていなかった足元のエサ盗りの下にクロがチラチラ見える様になりました。潮の色もいい感じで、何だか釣れそうな雰囲気が漂います。25m沖に潮目ができて、そこをダイレクトに攻めてみました。

足元に多めのマキエを打ち、潮目に3バイ打って仕掛けを投入。足元の魚の動きを観察していると、オープンベールにしていたスプールから道糸がバチバチッと竿が引ったくられるアタリがありました。オナガ?と思わせる様な強烈な引きです。先程バラシてしまったので慎重に寄せますが、ラインが根に当たっていて嫌な予感が…。ゆっくりゆっくり浮かせてみると、残念ながら40㎝オーバーの白尾長(イズスミ)で、これにはがっかりでした。

午後、他の船の先客が帰ったので、思い切って釣り座を変えてみることにしました。沖にはいい感じの潮目があり、ここの釣り座は雰囲気があります。この釣り座もエサ盗りは元気な様で、足元にかなりマキエを入れました。仕掛けの投入も綺麗に決まり、今にも食いそうな感じがしていると、ウキがスゥーっと入ります。アワセると中々の重量感が伝わって来ました。本命らしき引きなので慎重に寄せて無事にタモに収めたのは、この日最大の34㎝程のクロでした! 小型が多い中ではまずまずのサイズで嬉しい一尾となりました。

時期的にも小型が高活性で思うようにサイズに恵まれず、中々悩まされた釣行となりました。結局思い通りの型は出せませんでしたが、23〜34㎝程のクロをたくさん釣る事ができたので十分楽しめました。これからは梅雨グロで賑あう季節となります。多めのマキエ、多めの水分をもって梅雨グロに挑みましょう。

釣研FG東九州支部・MFG九州/藤山翔也・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード