TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

県南へショアジギング釣行

2017年 4月 27日 12時頃

4月27日、大潮。久々の休日に佐伯市鶴見にてライトショアジギングを計画。早朝5時に大分市を出発し、目的の釣り場へ午前7時頃に到着。今回のターゲットは、青物、ヒラメ、マゴチ。ルアーに反応してくれる魚なら、大歓迎といった感じである。

早速、サーフが隣接しているテトラからキャストを開始する。潮は全く動いていないが、開始早々、同行者に中層付近で青物のアタリ。いきなりの登場にテンションも上がる。しかし、フッキングが甘く、ヤリトリの途中で離れてしまう。その後、何度もアタルが上がってくるのはヤズクラスのため、全てリリース。中層はヤズのオンパレードとなるため、ヒラメ、マゴチに狙いをシフト。ボトム付近をスローにジグで誘っていく。

レンジキープしながらフワフワと漂わせるイメージでリトリーブしていると、ゴツっといいアタリ。なかなかの引きをしてくれる。上がって来たのは50㎝のマゴチ。その後、アタリは無くなり、場所移動を繰り返すものの全く反応なし。ボトムを中心にアクションするがカサゴしか釣れず今日は納竿。徐々に水温も上昇している気配を感じたが、それでもまだ魚影は薄いようだ。帰りにぶらっと佐賀関方面をドライブしながら帰っていると、ナブラを発見! すぐさま車を停めてキャストするも、反応なし。

すごく楽しい休日となったが、課題の残る1日となった。これからの季節ショアジギングが熱くなってくる。みなさんも手軽に始められるショアジギングに是非行ってみてはどうだろうか…。

ういち・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード