TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

臼杵湾チヌ釣り大会

2017年 5月 28日 14時頃

5月28日、中潮。恒例となったチームノムラの臼杵湾チヌ釣り大会が津久見島を主体に、参加者13名で実施された。臼杵港の有漁丸渡船場に午前3時に集合。参加者たちは、希望の釣り場を申告。大会要項の説明を受けた後、荷物を積み込んで午前4時出港となった。私もこの大会には毎年参加させてもらっており、ワガママを言って足場の良い「新波止」に上がらせてもらった。

ベタ凪の海を15分程走った所で、「有漁丸」のエンジンがスローになり、津久見島の旧波止に國武氏が上がり、次に私が新波止へ上がった。その後、各磯へ渡したようである。この日は西寄りの風が吹いており、肌寒い朝となった。荷物をまとめてから夜明けの兆候がする5時前、準備してきた沖アミ生2角にマルキユーの集魚剤「チヌパワームギスペシャル」と「爆寄せチヌ」を混ぜて、隠し味として森崎海産の「ウニ殻エキス」を入れる。途中「活さなぎミンチ激荒」を追加し、ツケエにもする予定である。仕掛けの方は、遠投が効き視認性の良い釣研「T・ACE」に、ハリスは信頼性のある「ジョイナープレミアム/1・5号」、ハリは遠投してもエサズレしないオーナーばり「沖アミチヌ/1号Wケン付」を結ぶ。ツケエは「くわせオキアミスペシャル/L」と沖アミ生、ネリエを準備し、午前5時から釣り開始。

潮の方は満ちの4分位で、少し突っ掛け潮である。朝まずめに良型アジがアタらないかと、タナを2・5ヒロと浅くし、25〜30mラインを狙う。すると1投目からウキがスパーと消えて、20cm級の黄金アジが上がって来た。サイズアップを狙って、右に左に投入してみると、どこに投げても同サイズのアジばかりだった。満潮の9時までは辛抱の釣りを強いられ、引き潮に変わった9時半頃から北の横風となった。風の影響を受け難い釣研「剛黒」に変更し、風があってもよく飛ぶとビックリしながらツケエをボイルやネリエ、激荒さなぎ、コーン等でローテーション。右流れの潮に乗せて流していると、ウキが一気に海中へ消えたので、来た! と大アワセすると、グーンと竿を曲げて竿先を叩くチヌ独特の引き! 沖で少し弱らせてから藻に注意してタモ入れしたのは、38cmの産卵後のチヌであった。その後、少し沖へ払い出す潮に乗せて流していたウキが、ユラユラと沈んで見えなくなった所で大アワセすると、グーンと竿を曲げて沖や横に走る。しばらく沖で弱らせたつもりであったが、タモ入れ寸前で足元の藻に巻かれてしまった…。しかし、國武氏のヘルプで何とか確保した。

13時の納竿後、帰港してからの検量では、チヌが次々と持ち込まれ、「三太郎バエ」に上がった中野幸一氏が47・5cmを釣って優勝に輝いた。2位には「角」に上がった矢田純也が45・7cm。矢田氏は一人で10枚以上のチヌを釣り上げており、これにもビックリ! 3位には43cmを釣った私が入賞した。全員で20枚以上のチヌが上がっており、津久見島の魚影の濃さを証明してくれた。皆さん、お疲れ様でした。

MFG九州/JFC大分/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード