TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

マルキユースタッフ懇親釣り大会

2017年 6月 18日 10時頃

6月18日、小潮。梅雨なのに晴天が続いている同日に、マルキユースタッフ懇親釣り大会が、鶴見湾内で実施された。参加者は24名。この大会は「第5回マルキユーMー1カップグレ九州地区代表決定戦」及び「第6回マルキユーMー1カップチヌ九州地区代表決定戦」のスタッフ枠各1名ずつを選出するもの。クロは5枚までの総重量、チヌは2枚までの総重量で決定する。午前4時から受付・抽選・競技説明を終えて渡船にて出港し、チヌが好釣の「トギレ」周辺にチヌ釣りエントリー選手を上げる。クロは「宇戸島」周辺に降ろし、猪熊博之氏、柳田浩一氏と私のエントリー無し組み3名は、名礁「流れバエ」に上げてもらう。ここはバリが多いが、「辛抱して下さい」の船長の言葉であった。

午前5時過ぎに上礁してみると、西風が吹いており、涼しく気持ち良い気分でいると、猪熊氏より「干潮まで2時間ほどあるので釣って下さい」とのススメもあり、早速準備してきた沖アミ生2角にマルキユーの集魚剤「グレパワーV9徳用」と「グレパン」を混ぜた「軽いマキエ」を仕上げ、東側のポイントへ行く。マキエを数ハイ打ってから、私が得意とする釣研「TーACE」と潮受コンビに、「ハリスはジョイナV2/1・5号」にオーナーばり「刺牙グレX/6号」を結んだ。タナは3ピロでツケエは「くわせオキアミスペシャル/M」を付けて、釣り開始。仕掛けが馴染み、少し左へ流れた所で「誘い」を入れると、一気にバチバチと道糸が弾け出るアタリがあり、大きくアワセると、グーングーンと沖へ送るのを最小限に耐える。ゆっくり寄せていると海中で青白く光ったので、慎重に浮かしてタモに収めたのは、ピンク色の鮮明な50㎝級のマダイであった。1投目からビックリのマダイを触っていると、冷たく感じたので海の中はまだ春なのではと思ってしまった。

その後、朝食を終えた二人も準備を済ませ、右手に猪熊氏が入り、中央部に柳田氏が構えた。満ちが流れ出した8時過ぎに猪熊氏が大きく竿を曲げて、驚きの良型グロ48㎝を釣ったと思ったら、負けじと柳田氏も強烈な引きに耐えて、46㎝の良型グロをタモに収めた。ツケエは同社の「くわせオキアミVパック」であった。このエサは、大から小サイズのツケエが入っており、大変使用エリアがあり便利な商品である。

納竿の11時までアタリが頻繁にあり、クロ・チヌが上がり出し、特にチヌは45㎝前後の良型が多く、私は30㎝前後のクロを4枚釣ることができた。この日は深く底周辺を釣る釣法が良く、魚の動き自体は悪く、満ちの潮が入ることによって海水温が少し上昇し、動きが上向いた感じだった。港に帰り検量の結果、チヌの部では「トギレ」のハナレに上がった大分県の村中浩司氏が年無しを2枚揃えて優勝。クロの部では宮崎県の黒木誠氏が40㎝オーバー交じりで5枚揃えて優勝となった。2人ともファイナル頑張って下さい! 関係者の皆様、お疲れ様でした。楽しい釣行をありがとうございました。

MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード