TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

良型グロ初体験

2017年 6月 18日 13時頃

6月18日、小潮。ちょっと前の情報ですが、息子と米水津に初めて釣行した釣行文を送ります。

前情報では「あまり釣れていない」と聞いていましたが、息子の碧良(きら)と約束していたので、釣果はさて置き、釣りの楽しさを一緒に味わおうと、小浦港へ。若戎丸に乗り込むと、息子の顔が一丁前に釣り師の顔になっています。磯釣り初心者ということもあり、朝の暗いうちは白子島へ上礁し、釣れる魚を釣ろうと思います。

釣具店で調達した釣具セットで、ブラクリ仕掛けを組み、足元に落とす息子。小学生4年生なので、2mの竿でもなかなか苦戦しながら狙っています。「来た!」と元気な声が上がりました! ますまずのホゴがヒットし、本人も上機嫌です! 大人になると、「やっぱりクロじゃないと」や、「俺はチヌが釣りたい」など好みが出てしまいますが、釣り初心者は何を釣っても嬉しそうです。この白子島では、ホゴを12匹ほど釣って、今度は沖磯へレッツゴー!息子に強烈な引きを味あわせたくて、横縞のヒラセへ瀬替わりします。船長、本当にありがとう!やっぱり沖磯までくると、風景が違います。米水津の絶景に息子も「すげ〜」と開いた口が塞がらないようです。自然ってスゴイ。ヒラセに上がっても、ガンガン流れる潮に、圧倒される息子。慣れてくるとワクワクしてくるヒラセの流れに、私もヤル気スイッチが入ります。

道糸1・5号に釣研「エイジア/0号」をセット。ハリス2・5ヒロを直結し、ハリスの先にグレバリの5号をセット。マキエはマルキユーの「グレパワースペシャルV9」と「グレパワースペシャルV10」を各1袋ずつに、沖アミの生3角です。マキエをすると、煙幕がジワジワと沈み釣れそうな気配が漂います。しかし! そう思ったのもつかの間、一向に釣れる気配がありません。白子島で見えたエサ盗りすら見えない状況。ツケエも丸残りで戻ってきます。

なんだかんだいってもやはり釣れないと面白くありません。息子も少々飽き気味です。私の目論見も、もろくも崩れ落ちそうです。どうしようにも、潮はそんなに悪くないのですが、魚の生命反応がない。「え〜い、ほっとけ釣法だ!」と言わんばかりに、キャストした仕掛けをそのまま放置。あとは野となれ花となれと思っていると、なんと竿先に「コツコツ…・」と生命反応が…。じっくり待ってから大きくアワセます!「来た!」と大きく竿を曲げながら息子へ声をかけます。突然の出来事に息子もオロオロ…。「こっちに来い!」といって、魚が掛かった竿を渡します。いきなり強烈な突っ込みで、体ごと海中へ引き釣りこまれそうになります。どうにか体制を立て直しますが、小学生だけに竿をたてることが出来ません。あまり竿を寝かせてしまうと、魚との綱引きになって、糸が切れてしまうので、「出来るだけ竿を上に上げて、頑張って!」とアドバイス。どうにか竿を曲げながらリールを巻きます。

おそらくアタッたタナは竿1本半以上。なかなか海面まで上がってきません。ようやく海面にギラリと見え始めた時に、私にバトンタッチ。無事タモ入れしたのが、写真のクロです。「楽しかった〜」を連呼する息子。私も楽しかったので、この日は二重丸です。

その後、息子一人で漁型のカワハギなどを釣り、帰港となりました。夏休みにはもう一度、息子と一緒に竿出ししたいと思います。おそらく彼にとっては一生の思い出になると思います。皆さんもお子さんと一緒に魚釣りに出かけませんか?

使用船=若戎丸 TEL 090・4483・1766

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード