TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

今年こそイカメタルで勝負!

2017年 7月 25日 15時頃

早くも半島先端部の防波堤では、ケンサキイカの釣果が上がり始めている。いよいよ夏本番! 夏といえば夜焚きのイカ釣りシーズン。今年は初夏に台風が少なかったため、昨年に引き続き、イカが豊漁なのでは?とウワサされているだけに、既に予約が多いとの話。そんな夜焚きのイカ釣りに、今年オススメなのが「イカメタル」なのだ!このイカメタル、依然より本誌でも取り上げている「鉛スッテ」を使った釣りの総称として使われる。通常のイカスッテには鉛が入っていないが、近年発売されるようになった鉛スッテを使うことにより、初心者でもより効率的に手返し良くイカ釣りが楽しめるようになった。シーズン前にイカメタルを勉強して、夜焚きのシーズンに備えよう!

イカメタルのタックル

イカメタル専用のロッドは言うまでもなく、8対2調子のタイラバロッドでも十分使える。できれば、PEライン専用ガイドが付いているロッドをオススメ。仕掛けの上下によってPEラインがガイドを削ることが軽減される。

リールは初心者でも扱いやすいスピニングリールがオススメ。サイズは2500〜3000で十分対応できる。さらにベイトリールなら活性が高い時でも短時間でフォールと巻き上げを繰り返せるため、よりアクティブにガンガン攻めることが可能となる。ラインには、できればマーカー付きのP E ラインをオススメ。マーカーがあることで、スッテがどのくらいの水深にあるのか把握でき、アタリがあったレンジがわかりやすい。釣れたレンジを覚えておき、次に狙う時は、そのレンジ周辺にスッテを落とし込む。

スッテは、鉛スッテと通常の浮きスッテを2段構えで装着する。鉛スッテは釣り人がダイレクトに動きを伝えることができ、アタリもわかりやすい。重さを数種類準備することで、その日の状況によって使い分けると、釣りやすさが格段に向上することが多い。また、サブアイテムとして取り付ける浮きスッテは、釣り人のアクションがダイレクトには伝わらないが、その分、予測不能のフワフワとしたアクションを演出。抱きの悪い日には効果を発揮するスッテだ。

イカメタルの基本操作



①スローフォール…まさにメタルスッテの醍醐味といってもいい釣り方。仕掛けをフォールさせた後、フォールを止め、ゆっくりと鉛スッテがカーブフォールさせる。この時にイカが抱きついてくることが多い。繊細なアタリが多く、難しいと言われる釣り方だが、このアタリが分かると、その他のアタリが取れるだけでなく、結果数釣りへ繋がることが多い。鉛スッテをカーブフォールさせている時に、鉛スッテの重みを感じながらフォールさせると、アタリもわかりやすい。

② ロングステイ… 鉛スッテをフォールした後、そのレンジで、スッテをキープして、船の揺れに合わせてスッテを踊らせる。船の揺れ合わせるようにティップが一定の動きをするが、それに変化が出た時がアタリ。即アワセを入れたい。変化からティップを持っていくようなアタリは、ほとんどイカがスッテをガッツリと抱いているケースが多い。むしろイカパンチの繊細なアタリが取れるようになると、イカメタルで数釣りが楽しめるようになる。

③シェイクからのステイ…潮や状況によって、どうしてもイカのノリが悪い日がある。そんな時にスッテを小刻みに動かすことで、イカにストレスを与える。これによってイカを衝動的に抱かせる。この3つのパターンを覚えるだけで、イカメタルの魅力を存分に味わうことが出来る。

今後の動向今年は全体として遅れ気味の傾向を感じている。ようやく7月に入って、良型イサキの数釣りが楽しめ始めたことでも、その傾向が伺える。つまり、まだまだこれからがイカ釣りのシーズン。まずは①と③の攻め方で様子見をしたい。初期はそれこそ、小型のケンサキイカが主体となるが、お盆前後になれば、同長23〜25㎝クラスのイカが交じり始める。そうなれば、①、②のパターンで数釣りを楽しみたい。前述したように、昨年と同様台風の影響が小さい年だっただけに、今年もイカの豊漁が予測される。まずは、早めに遊漁船に連絡して、日程を確保することをオススメしたい。

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード