TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

大興奮!乙津川でチヌ乱舞

2017年 7月 23日 12時頃

7月23日、大潮。みなさんこんにちは。やっと梅雨が明けたと思ったら、毎日暑い日々。雨が降ってもすっきりしない天気…。週末は大潮! 大潮だったら川の上流まで潮が上がるだろうと予測。いい思いをしたことがある乙津川上流を思い出し、クラブの仲間に連絡すると、「濁った川にチヌの気配を目撃した」と言う報告。翌日クラブの首藤くんと2人で、乙津川上流で竿出しをすることにしました。

当日の満潮は午前7時半過ぎ、夜が明けてから現地に入ることにします。ここは傾斜の土手があるので、足場の良い水門下に釣り座を構えます。仕掛け作りの合間をみて、川の対岸めがけてマキエを打つと水面に大きな波紋が! 波紋の後には水面から背ビレをゆらゆら揺らせながら游ぎ回る大きな魚! あちゃ〜デカぃ野ゴイの群れ(泣)。黒鯛どころか黒鯉の群れが私たち2人を歓迎してくれました(焦)。当日は曲げを楽しめて溜めて魚とのスリルを味わえるシマノ「鱗海スペシャル/00号」を用意し、水面の大ゴイを避わすように00号のウキでの沈め釣りからスタート。海とは違って塩分濃度が若干少なく感じる川での竿出し。塩分が少ない分、浮力が少なく00号ウキだったら沈下速度が速く感じたので、0シブから再度スタートしました。

コイを避わすようにマキエを打ち込みます! 水深のあまりない川! ラインを張り気味での竿さばき! スタートしてすぐに首藤くんの穂先にアタリが! あっ! 自慢の愛竿「鱗海RB/00号」が円を描きます! 魚は上流下流と走り回ります! 溜めて〜溜めて〜浮かせて〜、川チヌゲット! 首藤くんおめでとうございます。首藤くんのヤリトリ劇を見てた私の穂先にもアタリが(笑)。曲げて〜溜めて〜浮かせて〜同サイズのメイタをゲットしました。ちょこっと安心してた私の穂先に、またまたアタリが大きくアワセを入れると根掛かり? 動かん? 重たい? 穂先がピクピク? あちゃ〜ビックリ〜!!タモ入れゲット。まさかのメガスッポン! しかし、ふと浦島太郎伝説を思い出し、可愛そうになりリリースしてあげました。その後首藤くんが1枚追加。型はいまいちでしたが本命3枚で納竿としました。乙津川のスッポン物語は私の善い思い出になった気が(笑)。

一度帰宅してからマキエを用意して、午前中の仕事が終わったクラブの新人佐藤くんと、夜の満潮に向け原川で竿出しをすることにしました。大潮の原川河口! 干潮前に他の仲間と現地入りするといつもなら海水があるブロック下側まで水が無くなり渚状態! 少し離れた水路側でクラブの仲間4人で渚釣り感覚でスタートしました。干潮を向かえる午後2時半過ぎしばらくして水位が徐々に増えていきます。当日、佐藤くんはシマノ「鱗海スペシャル/ 1 号」の初卸しです。釣る気満々の佐藤くんに仕掛けとマキエの打ち方のアドバイスをして上げてる首藤くん! 佐藤くんがスタートしてすぐに何か掛かりました! 竿は曲がるが手応えが薄い。ゆっくり渚に引き寄せた魚じゃない。まさかのワタリガニ(笑)。佐藤くんのワタリガニを見てたギャラリーもビックリです。

横の崩れ防波堤で竿出しをしてた首藤くんにアタリが! 自慢の愛竿「鱗海RB/00号」がかなりの激曲げです。首藤くんの横にはタモを構える佐藤くん。 焦らず慌てず激曲げヤリトリはピークを迎え、ゆっくり溜めて〜浮かせて〜タモ入れ成功しました。本命46㎝のチヌを釣り上げ笑みが(凄)。渚から防波堤に場所を変えた佐藤くんが初卸しの「鱗海スペシャル/1号」を激曲げ最中。魚は水路に逃げ込もうと突っ込みます! 溜めて〜曲げて〜溜めて〜浮かせて〜タモ入れ成功しました。佐藤くんおめでとうございます! 続いて私の竿にもアタリが曲げる間もなくキビレをゲット! 水位がどんどん上がってきます。私の横で竿出しをしてる後藤さんも掛ける!曲げる! リリースサイズのイレパクです! その後、佐藤くんと首藤くんも掛ける! 曲げると大忙し状態!

当日の原川河口での釣果は首藤くんの46㎝を頭にメイタとキビレを含めて4人で11枚。嬉しい釣果に恵まれました(全てリリース)。雨続きで濁った海水では、濁りを重視する魚集剤よりも集魚力に優れてる魚集剤をオススメします。

FC鱗Rin/浦川・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード