TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

真夏のロックフィッシュゲーム

2017年 7月 17日 11時頃

7月17日、小潮。本日は友人とロックフィッシュ釣行。朝まずめから狙いたかったため、朝5時前にポイントへ到着。今回使用するのは、テキサスリグ。10〜20gのバレットシンカーに1/0フックを結び、ワームをつける。最初のポイントは水深が結構あるため、14gからスタート。キャスト後ボトム付近をリフトアンドフォールしていく。するとフォール中にコツコツとアタってきたため、即座にフッキングするが全然乗らない。仕掛けを回収し確認してみると、ワームがちぎれている。どうやらフグのアタリだったらしい…。

フグを避けるため、ジグに変更。が、根魚らしいアタリは全くとれず、再度テキサスに戻す。今度は20gに変更し、速いテンポで誘っていく。するとフォール中にまたアタってきた。今度はひったくるようなアタリ。フッキングも決まり、ロッドに重みが乗る。と、同時に根に持っていこうとする引き。絶対本命だ!上がってきたのはオオモンハタ。サイズは25㎝といったところ。

まずまずのスタートだ。が、後が全然続かないためポイント移動。今度は手前にカケアガリがある浅めのポイント。10gに変更し、先程と同じように誘っていく。カケアガリに差し掛かったところで、しばらく放置してみる。しばらく放置していると、急にひったくるアタリが来た。即座にフッキング。完全にハタ系の引きだ。何度か根に入られそうになるが、ゴリ巻きを続ける。上がって来たのは、なかなか良いサイズのマハタ。測ってはないが、30㎝くらいといったところか。

お土産もゲットしたところで友人に場所を譲り、少し休憩しながら隣で見ていると、ロッドごと持っていきそうな強烈なアタリがきた。フッキング後もかなりの引き。かなりきつめに締めたドラグをギュンギュン出していく。間違いなく今日イチのサイズだ。何度も根に入られ掛けるが、何とか浮かせることができた。上がってきたのは38㎝の良いサイズのオオモンハタ。久しぶりに興奮して思わずハイタッチをしてしまった(笑)。

これ以上のサイズはでないだろうということで、昼過ぎに納竿。いよいよ夏本番、今年は40㎝を超えるハタを狙っていきたい。皆さんも是非ロックフィッシュを釣りに行ってみてはどうだろうか。

HN/ういち・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード