TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

夜焚きの夏 ケンサキイカ順調なスタート

2017年 7月 23日 16時頃

7月23日、大潮。お待たせしました! 夜焚きのシーズンが到来。早くも良型ケンサキイカが釣れている状況となり、一気にイカ釣りがヒートアップしている。今年の潮の変調によって、表層で捕食する魚の動きは早く、中層から底層で捕食する魚の動きは遅くなっている状況。それを裏付けるように、シーズン突入から良型ケンサキイカがヒット。本誌の予想を大きく裏切って、開幕からいきなりパラソル級がヒットしている。

「遅れ気味のスタートなったけど、良型ケンサキイカが交じりでヒットするので、嬉しい悲鳴が鳴り響きます。台風も少なかったので状況としてはまずまず。昨年に引き続き、イカの数釣りが楽しめる年になるのでは?」と太鼓判を押しているのは、一尺屋上浦港を出港する神幸丸船長のコメント。



釣果写真を見るだけでもウズウズする。本誌協力遊漁船の中でも、イカ釣りに目がない船は順次予約を受け付けている状態。釣り仲間を誘って、早めにご予約を入れることをオススメしたい。

7月21 日、「昼イカ始まりました! ナイターが苦手な方はいかがですか?」と釣果写真を送ってくれた浩敬丸。昼イカ?と首をかしげながら開いた写真には、真っ昼間にイカをぶら下げる釣果写真が! そうなんです。昼でも釣り方次第でケンサキイカが狙えるのです!

先週、本誌でお伝えしたイカメタルなどを織り交ぜながら狙う昼イカ。夜焚き釣りよりももっとゲーム性が高く、何より寝不足にならないものGOOD。詳しいタックルや狙
い方は、浩敬丸船長にお問い合わせください。今年は昼イカが熱い年になりそうな予感…。釣れるサイズも申し分ない!

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード