TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

エギングで狙う小黒のケンサキ

2017年 8月 18日 21時頃

筆者の予想では今年の小黒のケンサキイカは、8月初旬からお盆までシーズン真っ盛りのはずでしたが…。8月8日、大潮(小黒港)。会社の上司のS課長が、前日に5ハイ釣ったと言っていたので期待していたが、おかしい…まったく魚信がない。隣のエギンガーにヒアリングしてみると「ダメっす、ナッシングっす」とのこと。ウキ釣り(キビナゴのスッテ)をしている釣り人が3バイくらい釣ったかな〜程度である。全く魚信がないので、この日は諦めて21時前に納竿する。シーズン真っ盛りのはず、なんだけどな〜。

8月10日、中潮(小黒港)。この日は、S課長と一緒に釣行。この日の潮は、右から左への流れが速い。2時の方向へ投げ、シャクって着底を3セットくらいすると、9時の方向(テトラの際)までエギが流される。そこで2・5号のノーマルエギに2gのシンカーを装着し、少しでも潮に流されないようチューニングする。19時40分、ラインに適度な張りを感じたのでスイープにアワセると、大きくはないがこれが時合い突入の1 パイに違いない!と、期待するが、その後は沈黙。S課長も沈黙状態。今夜は粘っても厳しいと判断し、21時に納竿。S課長はまだ粘るとのことであったが、22時頃に小さいのが1パイ釣れたとLINEで連絡が入る。もしかしてオワコン状態なのか?

8月12日、中潮。S課長より5ハイ釣れたとの連絡あり。筆者も同行したかったが、家族サービスで動きが取れず…、無念なり。

8月14日、小潮(小黒の地磯)。小黒地区の盆踊りが開催されている。あの明かりで海面を照らしてくれないかな〜。ここで筆者はあることを思い出す。オリムピックの馬上憲太朗氏が、「ケミホタルを付けた方が釣果が良い場合がある」と言っていた。そこで今回の釣行はリーダーにケミホタルを装着してみる。筆者は、黒いチューブに穴を数箇所空け、小さいプランクトンが動いているようにイメージ。この日最初の1パイは19時40分。着底5秒後だったと思う。人差し指でラインをなでると、ちょっとした張りがあり、アワセてみると…、よっしゃぁ! ケンサキじゃい! しかも良型じゃないですか! エギは3号。ケンサキイカもこれくらいの大きさになると、グイグイと引っ張りなかなか浮いてこないので面白い。

19時40分〜20時までに4ハイ。20時〜20時半までに2ハイ。20時半〜21時までに3バイ。今回は、ケミホタルの装着が功を奏したのか、それともケンサキイカの状態が良かったのか、9ハイとまずまずの釣果。ちなみに、この日のヒットエギは、ドットマーブル系。途中で魚信が渋くなったため、アジカラーのナチュラル系に変更したところ、キャスト後の最初のフォール中にエギを持って行くことが2回ありました。21時を過ぎると魚信がパッタリを止む。粘れば、あと数ハイは釣れると思うが、一晩中シャクリ続ける体力と気力はないので21時半納竿する。8月16日、長潮(小黒の地磯)。この日もケミホタルをリーダーへ装着。ケンサキイカ3バイと微妙な数でしたが、型は大きくなっていますね。

8月18日、中潮。S課長より22時まで粘って3バイとLINEに連絡あり。少し落ちてきたかな〜。8月20日、大潮(小黒港)。地磯で釣りたかったが、満潮で風もあり、危険と判断し断念。「大丈夫じゃろう」という油断が一番怖い。安全第一ですからね。この日の最初の1パイは20時頃。ポツポツと釣れるが、手の平サイズと型が小さい。そんな中、パラソルサイズが1パイ。筆者の足より大きいではありませんか!(エギは2・5号です)。この日は21時までに6パイ(内4ハイは手の平サイズのためリリース)。まあまあの釣果ですが、漁港より地磯の方が型は良いかな。

さて、今年の小黒のケンサキイカは接岸が1〜2週間ほど遅れているような印象を受けました。本稿が皆様の目にふれる頃は、例年なら小黒のケンサキイカは終盤となり釣果が落ちていますが、遅れた分、今年は9月中旬まで釣れる可能性があるかも。もし、小黒のケンサキイカが終わっていた時は、本稿を来年の釣行の参考にしていただけると幸いです。

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード