TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

超異次元釣果でタチウオを獲れ!

2017年 9月 6日 21時頃

皆様、こんにちは。姉妹とルアーフィッシングの風来坊です。8月の盆明けから大きな夏タチウオの群れが市内の乙津港に接岸して、毎日がお祭り騒ぎになっています。皆様、大いにタチウオ釣りを堪能していると思いますが、釣り人が多く集まれば、やはりマナーの問題が取り出されます。気持ちよく釣りができるようゴミなどは必ず持って帰るようにしましょう。釣り場のマナーアップにご協力お願い致します。

さて、9月になりタチウオの釣果も段々と日ムラが出てきています。サイズは段々とサイズアップしてきまして、指3本サイズが交じるようになり、9月6日〜7日にかけては、かなりサイズの良いタチウオの群れが接岸致しました。これまでジグパターンでメタルジグによる釣果が抜き出ていましたが、ここにきてパターンが変わってきています。それが実感できたのが6〜7日のワインドでの釣果。6日の早朝、メタルジャッカーのグロー仕様で30本の釣果が出たのですが、この時のタチウオの食い方が今までと違い、激しいシャクリでもバイトしてきました。今までフォール中心の縦の釣りで釣果が出ていたのですが、もしかしたらワインドでの横の釣りで釣果が出るかもと思い、その日の深夜ワインドにチェンジしてやってみました。

使用したアイテムは、「スパークスリム85」&「スパークスリムヘッド1/2oz」のコンビネーションです。これはアクアウェーブさんから「新しいジグヘッドとワームを製作するのでお手伝いして下さい」との要望を受け、昨年暮れから今年の春にかけて、スイミングやダート幅等いろいろと細部に渡り実釣して煮詰めました。私の要望はワームはシルエットを細くしてタダ巻きでもシャッドテールのワームみたいに波動を出してくれるもの。そして一番こだわったのが、ジグヘッドの水平沈下。ジグヘッドのダート時のフォール角度をできるだけ水平にできるものと、無理な注文をしました。ジグヘッドの重心を後方に位置すればフォール時の姿勢がかなり水平タチウオハンター風来坊〜姉妹とルアーフィッシング〜 私の月間釣行記連載連載〜超異次元釣果でタチウオを獲れ!〜になるのですが、反面今度はダートしなくなるのです。ダートのキレを損なわず、かつ水平沈下をさせるという無理難題を、開発担当の方は頭を抱えながらもやり遂げてくれました。こうして出来上がったのが「スパークスリム」&「スパークスリムヘッド」です。

時合いは早く来ました。午前2時半から午前4時前まで、なんと1時間以上も続きました。良いサイズが来ましたよ。時合いの最初の方は指3本半〜4本がきましたが、その後指3本サイズが湧いてワンキャストワンヒット状態でした。が、他の釣り人はほとんどジグでしたので、圧倒的にひとり勝ち…。これがパターン変化の怖いところです。釣り人は周りに大勢いたのですが、多分異次元の世界を見ているように感じたと思います。それほど圧倒的に釣り上げました。

フォールで食ってきましたから、この「スパークスリム」&「スパークスリムヘッド」の水平沈下が効きましたね。いつものように午前4時前に大勢の釣り人が押しかけてきましたが、もう時合いは終わっていました。そして釣果は…、怒涛の61本!

6日の午前4時から7日の午前4時の1日で91本の超異次元釣果でした。久々の根こそぎのタチウオ絨毯です(笑)。そして何が凄いかというと、61本も釣り上げたのに、使用したワームはひとつだけ…。一応カラーチェンジ用に複数のワームを用意してたのですが、今回はオールイエローで通せました。このタフネスぶりも驚愕でした。また、高活性にかかわらずタチカッターはなし! リーダー8号は、ほとんど無傷で釣ったタチウオはすべて口に掛けました。これも水平沈下はタチウオがバイトしやすい姿勢だということが証明できたかなと思います。

今年は春タチウオの接岸がなく、どうなることやらと心配していましたが、乙津港の夏タチウオのおかげで何とかタチウオ釣りを楽しむことができています。これから秋も深まって、大在ふ頭や日吉原ふ頭にも接岸してくれたら、例年のように大いにタチウオ釣りが盛り上がっていくことでしよう。そしてこれから釣れるであろう脂ののった濃厚なタチウオを皆さんで釣って美味しい刺身を頂きましょう。タチウオ万歳!

タチウオハンター/風来坊・記
今年は春タチウオの接岸がなく、どうなることやらと心配していましたが、乙津港の夏タチウオのおかげで何とかタチウオ釣りを楽しむことができています。これから秋も深まって、大在ふ頭や日吉原ふ頭にも接岸してくれたら、例年のように大いにタチウオ釣りが盛り上がっていくことでしよう。そしてこれから釣れるであろう脂ののった濃厚なタチウオを皆さんで釣って美味しい刺身を頂きましょう。タチウオ万歳!

タチウオハンター/風来坊・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード