TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

まだエサ盗り多し、対策して良型を狙え!!

2017年 9月 18日 14時頃

9月18日、中潮。段々と涼しく過ごしやすくなりましたが、まだまだ海水温は高くエサ盗りが多いこの時期に鶴見半島の波止にクロ釣りの練習に行ってきました。今回の釣行は台風の後とあって、あらゆる波止で流させれてきたゴミや濁りのため、なかなか釣りができる場所がありません。何ヶ所も釣り場を巡り、やっと釣りのできそうな波止を見つけ、早速釣りを開始します。

本日用意したマキエは、沖アミ生3角に愛用しているマルキユーの「グレパワーV9徳用」、「超遠投グレ」、「爆寄せグレ」にパン粉を2㎏配合し、丁寧に混ぜ込みます。仕掛けは竿が「がま磯インテッサGV/1号/50」に、道糸は釣研「フリクションZ/1・5号」、ハリスも同社の「ウルトラフレキシブル/1・5号」で、軽量のグレバリ4号をセットします。まずは2ヒロ前後のタナを意識し、7mのハリスに釣研「エイジアマスターピース/01」を通し開始します。エサ盗りの状況を見るために竿2本ほど先に狙いを定め、仕掛けを投入。すぐにエサが盗られると思いきや、魚の活性が悪いのかツケエが残って来たり、深いタナで小さなマダイがアタったりと、クロの気配がありません。左右、遠近と狙いますが、なかなかクロに近づけず厳しい時間が続きます。

すると、潮替わりのタイミングで急に足元のエサ盗りの動きが良くなり、沖のマキエにもボラが5〜6匹群がり始めたかと思った途端にアタリです! 上がって来たのは手の平サイズのクロ。久しぶりのクロに喜びながら、同じように狙うと今度はなかなかの引きです。何度がテトラに潜られそうになりながらも、上がって来たのは35㎝ちょっとのクロです! いきなりの良型に驚きつつ次を狙うと、次第にボラとやコッパグロが多くなってきます。そこで、足元に多めのマキエを打ち、遠近で分離し、コッパグロとの分離を図りますが、手前はコッパグロ、沖はボラが多くなり、なかなか上手くいきません。

こうなると、作戦を変更です。マキエを足元に4〜5ハイ、出来るだけ遠くに10パイ以上打ち、ボラとコッパグロがマキエに向かったのを見てから、10mラインにマキエを3バイほど打ち込み、そこに仕掛けを投入してみます。しかし、この方法ではクロは釣れず、キタマクラや小ダイだけが釣れてしまいます。そこで再度作戦を変更し、沖のマキエを少し減らし、逆に10mラインに少し多めにマキエを入れてやることで、ある程度のエサ盗りたちを狙いのポイントに出してやることにします。すると、段々とコッパグロに交じって足の裏サイズのクロが釣れ始めます。どうやら今日のクロは、ボラやコッパグロと行動を共にしている様です。この作戦で何枚かキーパーサイズが釣れたものの、サイズアップが出来ません。

そこで、表面のボラやコッパグロを突破するために、ハリスの真ん中にG5のガン玉を打ち、マキエの少し外からツケエを入れながら同調させてやることにします。すると次の1投目、いきなり竿引きのアタリです! 重量感のある引きに何度もテトラに張り付かれながらも、何とかタモに収まったのは40㎝級の納得サイズです。この後も同じ方法で30㎝前後を数枚追加し、今回は納得の釣行となりました。

まだまだ水温が高くエサ盗りも多い時期ですが、にぎやかな海に貴重な1尾を狙って釣行に出かけてみるのも、なかなか面白いのではないでしょうか。

T・CLUB/藤本祐一郎

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード