TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

姫島 初秋のチヌ釣り

2017年 9月 23日 14時頃

9月23日、中潮。季節もすっかり秋の気配を感じるようになりました。スポーツ、行楽、アウトドア、何をするにも最高の季節がやって来ました。そして何と言っても「釣り」です。近場の香々地、国見周辺のチヌ釣りは、エサ盗りも多いながら40㎝級交じりで数釣りを楽しめています。そしてこの時期になると気になる姫島のチヌです。

いつもの6時20分の一便で出港します。姫島に着くと、思った以上に風が強かったので、西浦、北浦は避けて風裏となる稲積港で竿出しします。早速マキエと仕掛け作りです。マキエは沖アミ生1角にマルキユー「チヌパワームギスペシャル」、「湾チヌスペシャル」を各1袋、ツケは同じくマルキユー「くわせオキアミスーパーハード/L」に「高集魚レッド」、「食い渋りイエロー」、「アピールホワイト」をローテーションさせて狙います。そして仕掛けは、竿が「がま磯枯冴/軟調/5・3」、リールが「BBーXテクニウム2000」、道糸が1・5号、ハリスが1・25号、ウキが釣研「大征黒/5B」、水中ウキに同社の「メタル弾丸/マイナス5B」、ハリはオーナーばり「インホワイトチヌ/2号」です。

まずは手前にマキエを打ってみると、エサ盗りの姿が見えません。ポイントを手前に決め、仕掛けの投入を繰り返します。30分程経過してから、ようやくウキがアタリを捉え、アワセを入れると30㎝級のメイタがヒット。続けて同サイズが連続ヒットします。その後、ここでも風が出てきて、仕掛けが流されてしまい思うような釣りをさせてもらえず、釣り難い状況が続きます。私は基本的に半遊動でチヌを狙うのですが、全遊動沈め釣りに変更します。ウキを釣研「エイジアLCマスターピース/03」に替え、ウキ下50㎝にガン玉G5を打ちます。するとすぐに結果が出て、道糸にアタリが出ます。アワセを入れると竿にずっしりと乗り、良型の引きです。大事にヤリトリをして取り込んだのは、40㎝オーバーの良型。続けて35㎝クラスがヒットします。チヌが寄って来ているのか、ヤリトリの最中もマキエを打ちます。

その後もぽつぽつとヒットし、アタリが無ければ適度に誘いを入れます。すると道糸がピント張り、アワセを入れるとこれも良型の引きで、愛竿の「枯冴」が綺麗な弧を描き、十分引きを楽しませてくれます。無事にタモに収まったのは、本日最大の43㎝! それからも飽きない程度に良型交じりでヒットしますが、残念ながら用事があるので、午後1時半に納竿です。

本日は風に悩まされましたが、仕掛けを全遊動、そしてツケエのローテーション、アタリが無ければ適度に誘いを入れ、ヒットパターンを掴むことができ、姫島のチヌ釣りを楽しむことができました。さぁ、秋本番です! 皆さんも姫島・国東のチヌ釣りを十分に満喫されてはどうですか?

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード