TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

別府一文字好シーズン

2017年 10月 14日 13時頃

10月14日、長潮。「依然、順調に釣れております。釣果も今のところ心配なさそうです」とホッとした様子なのは、別府一文字へ渡す「勇漁丸」船長のコメント。特に台風18号通過後から、好釣果が続いている状況。また、今月からはモイカ釣りの人も増え始め、数釣りが楽しめる状況。まだに収穫の秋を迎えているのが同地だ。

一文字の中で一等地といえるのが、赤灯台から大分向きへの先端部。特にアジ釣りやカンパチ狙いの泳がせ釣りを楽しむなら、出来る限りこのポイントをおさえたい。ただし、連日釣り人が多いので、先客がいた時には、ちょっと釣り座を外して竿出しするのがマナー。大分向き先端部から大分方向へ流れる潮に乗せてアジを泳がせるとネリゴ主体の青物の引きが楽しめる。アジは、遠投サビキ釣りなどで竿1本半から2本ほどで現地調達できる。もちろん、ジグをキャストして狙うのもありだ。

一方フカセ釣りのチヌは、外側の消波ブロックから狙う。タナ2ヒロほどで狙っていると、潮の加減でエサ盗りな少なくなり、その瞬間ウキがスーッと入るようなイメージだ。

また、夕まずめからの半夜釣りにはモイカが順調な釣果となっている。「夜に帰るお客さんが多いので、なかなか写真が撮れないのですが、実は2ケタの釣果はざらです。今が数釣りのチャンスですよ」と船長も太鼓判。エギング、泳がせ釣りどちらでも楽しめるが、シーズン初期ということを考えると、エギングの方が分がありそうだ。オススメの釣り場である。

写真提供=勇漁丸 TEL 090・6893・6860

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード