TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

米水津秋グロ戦線!

2017年 10月 24日 16時頃

10月24日、小潮。日中も肌寒くなり、だんだんと冬が近づいて来ていると、身を感じて分かる季節となりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか? 周りからチラホラとクロの良い釣果情報が入り始めたので、今回はクロ狙いでの釣行です。時期外れの台風が通過してすぐだったこともあり、船が出るか心配しましたが、当日は見事な天気に恵まれ、予定通りの出港となりました。

今回、一緒に同行していただいた方は、私と同じチーム鬼掛に所属している加塩君です。私達は米水津に向けて車を走らせました。久しぶりのクロ釣りともあって、ワクワクしながら目的地である千代丸(℡090・1922・7774)に到着。朝5時出港だったので、ゆっくり準備に取り掛かりました。お客さんは私達を含めて2組だけで、台風の影響でずっと船を出してなかったらしく当日は約2週間ぶりの出港らしいです。どの船もお客さんが少なく、米水津の沖磯はどこもガラ空きで選び放題でした。私達は地周りの様子を見たかったので、「押出の大バエ」に乗る事にしました。夜明けまでは時間があったので、お土産確保のためにエギングをします。風が非常に強く釣り難い状況でしたが、ひたすらエギを降り続けましたが、反応は悪く全く釣れてません。ようやく空がうっすら明るくなりかけた頃に加塩さんがヒット。食べ頃サイズの500g程のモイカでした。それから一気に活性が上がり、二人でポツポツとお土産の確保に成功します。

気がつけば空が完全に明るくなってました。すぐにクロ釣りの準備に取り掛かります。今回、私が使用したマキエは、沖アミ生2角に対し、つり万「プレミアムレッドグレ」と「グレの舞」を各1袋ずつを丁寧に練り込み、遠投ができるように2セット仕上げます。仕掛けは、ソルブレ「TーPHOENIX/M/0号」半遊動を組み、ハリは幅広くタナを探れる、ハヤブサ鬼掛「速掛けグレ(中量バリ)」をチョイスしました。

足元に数ハイのマキエを打ち込んで様子を伺ってみると、続々とエサ盗り達が姿を現します。よく見てみるとエサ盗りの下にはコッパグロの姿も確認でき、15m先に仕掛けを投入して回収してみると、ツケエが綺麗に盗られています。すると隣で加塩君の竿が大きく曲がり、スムーズに取り込んだのは、30㎝程のクロでした。その後も加塩君が連発でクロを仕留めていきます。

私にもアタリはあるのですが、15㎝程のコッパグロばかりです。サイズアップを狙って20m程遠投してみます。ゆっくり仕掛けが馴染むと同時にウキがゆっくり引き込まれていきました。すかさずアワセを入れると、今までよりも手応えある重量感が手元に伝わり、ゆっくり慎重に取り込んだのは、35㎝程のクロでした。同じパターンで仕掛けを打ち返してみると、30㎝級のクロがポツポツとヒットします。どうやら遠投した方が型が一回り大きくなるようです。

下げ潮に変わるとさっきまでの状況が嘘の様になり、魚の反応が悪くなってしまいました。先ほどまで沢山いたエサ盗り達も姿を消してしまいます。深く探ってみると、バリやサンノジがたまにアタって来る程度でした。これに耐えて仕掛けを打ち返していると、ゆっくり底潮が動き始めます。これはチャンスと思い、仕掛けを投入すると2ヒロ半くらいの所でウキにアタリが出ました。しかし、アワセを入れても素バリでした。同じポイントを流してみると、またアタリが出ます。再びアワセを入れると、重量感が伝わってきますが、ヤリトリの最中でハリ外れとなってしまいました。

魚の活性が低く、上手くハリに掛からないと判断し、ハリを自重が軽く自然な感じでツケエを落とせる鬼掛「極軽グレ/4号」に替えると、これが功を奏し、先ほどまでのハリ外れや素バリが減り、コンスタントにクロを釣り上げる事ができました。やはりクロ釣りは、わずかな仕掛けを替えるだけで大きく釣果の差が出ると、身に染みて感じました。米水津の磯は、これから最盛期を迎えます。皆様も是非行かれてみてはいかがでしょうか?

チーム鬼掛大分支部/小原雄・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード