TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

エギングでお土産を確保

2017年 10月 15日 12時頃

10月に入り、朝晩の冷え込みがキツくなってきました。日中も随分と涼しくなったのですが、残暑が長く続いたせいか、海の中はまだまだ夏! そもそも「海水温は、外気温の1ヶ月遅れで変化する」なんて言われておりますので、とにかくもう、どこに行ってもエサ盗りがワンサカと湧き上げています。

そのせいで、近場のフカセ釣りが主体の自分は、近ごろ大苦戦中です(汗)。スズメダイやフグ、ゼンゴなど、常連のエサ盗りを避わしても、サバやイワシ、足の裏サイズまでのクロなど、とにかくエサ盗りの魚種が豊富! たまらず重たい仕掛けで一気に底ダナを狙うと、チャリコの餌食になります。こんな状態なので本職は悲惨な釣果ばかりなのですが、毎回サイドビジネスでお土産は何とか確保しています。そのサイドビジネスとは、エギング! 昨年もフカセの合間にエギングをちょこちょこやっていましたが、あまり釣れませんでした。謙遜無しで、僕はエギングの素人です。それが、今年はボーズなし!数や型が出ているわけではありませんが、ちょこっとエギングをすれば、毎回お持ち帰りOKなサイズが釣れています。そこで今回は、今年から僕がエギングをする際に実践している5つのポイントを紹介したいと思います。しょせんは素人目線での、初歩的かつ個人的な意見ですので、玄人の方は読まないでくださいね(笑)。

ポイント①「ラインの張りをつくる」・・・昨年までは、ラインの張りを一切気にせずに、シャクってはフリーフォールの繰り返しでした。従ってアタリが分からず、「シャクったらイカが付いてた」なんてことが大半だったのですが、今年からはラインの張りを意識しています。ラインが張っていれば、繊細なアタリを感じ取れてアワセに持って行けますし、何よりコツッというアタリが来た時のドキドキ感がたまりせん(笑)。

ポイント②「エギの色は、オレンジ、ピンク、マーブルが強い」・・・一般的に、外が薄暗いときや海水が濁っている時は目立つ赤系のエギ、晴天で海水が透き通っているときは、ブルーやグリーンなどナチュラル系のエギが良いと言われていますが、僕はどんな状況でも、ほとんどオレンジやピンクしか使いません。替えるのが面倒なだけなのですが、問題なく、これらの色で釣れています。

ポイント③「エギのサイズは、その日の状況に応じて2・5〜3・5号を使い分け」・・・基本は3号を多用しますが、状況に応じて2・5号と使い分けます。エギのサイズは、狙うイカの大きさに合わせて使い分けることが多いのですが、3号エギにはまったく反応しなかったのに、2・5号エギに替えた途端、良型のイカが釣れたことがありました。釣れない時は、エギのサイズを色々替えてみるのも有効かもしれません。

ポイント④「シャクリは多めで」・・・基本的なエギングのシャクリ方としては、3〜4回シャクるのが一般的ですが、活性の高い秋イカに限ると、海面近くまでシャクり上げるのが良いようです。僕がこのテクニックを学んだエギングのテレビ番組によると、エギを高い位置まで踊らせることで、より広範囲のイカにアピール出来るということでした。時季によって有効なシャクり方は変わってくると思いますが、10月は、このシャクり方での釣果が多かったです。

ポイント⑤「エギはメーカー品を使う」・・・昨年までは、5個で千円くらいの安いエギしか使っていませんでした。今年からメーカー品を使用しています。やっぱりメーカー品はよく出来ていて、安いエギと比べて動きが違う気がします。フォルムや装飾も工夫されていて、いかにも釣れそうな感じ。また、造りがしっかりしているので、耐久性もありそうです。ただ、殉職させた時のショックは計り知れませんが…。

以上、好釣の要因だと勝手に思い込んでるポイントを紹介させて頂きました。これから寒くなるにつれ、イカのサイズがどんどん良くなってくる季節です。同時にエギングでの釣りは、どんどん難しくなってきます。この好釣がいつまで続くのか分かりませんが、色々と勉強して、お土産確保を頑張りたいと思います。いい加減、本業でも結果を出したいところではありますが…(汗)。

HN/もりたろう・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード