TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

国東半島のチヌ釣り 41cmのチヌ

2017年 10月 28日 0時頃

10月28日、小潮。10月に入り、釣り人にとって絶好の釣りシーズン到来と言いたいのですが、期待とは裏腹に週末になると台風・雨と天気に恵まれず、せっかくの休日も釣りを楽しむことができませんでした。この日も雨模様の天気でしたが、日曜日も雨・風共に強くなる予報なので、我慢できずに決行します。

9月の姫島に続き、秋のメイタ・チヌ釣り第二弾、釣り場の小池港には朝8時過ぎに到着です。波止の真ん中辺りに釣り人が居たので、テトラの先端で竿を出します。今回のマキエは、沖アミ生1角にマルキュー「湾チヌスペシャルⅡ」、「チヌパワームギスペシャル」を各1袋です。ツケエは定番のマルキユー「くわせオキアミスーパーハード/L」に「高集魚レッド」、「食い渋りイエロー」、「アピールホワイト」をローテーションして狙います。

仕掛けは、竿ががま磯「チヌ競技スペシャルⅢ / 0・6 号/ 5・3m」、リールが「BBーXテクニウム2000」、道糸が1・5号、ハリスが1・25号で、ウキは釣研「大征黒/5B」、水中ウキに「メタル弾丸/マイナス5B」、ハリがオーナーばり「インホワイトチヌ/2号」です。準備が終わりマキエを打つと、手前はエサ盗りが元気よく群がります。ポイントを沖に決め、仕掛けの投入を繰り返します。小潮のせいか潮はほとんど流れず、ツケエは盗られたり残ったりで、最初の辺りは20分程してからです。アワセを入れると、35cm級がタモに収まりました。

その後すぐにアタリがあり、ウキが海中に消えて行きます。アワセを入れますが、ハリ掛かりしません。2〜3回同じ状況を繰り返し、やっとハリ掛かりした正体は、15cm程のミニサイズです。今の時期は、このサイズが結構釣れます。それからもミニサイズが釣れますが、ツケエのローテーションをして、20〜35cm級が釣れ始めます。そして一向にサイズアップする気配も無さそうなので、次は内側を狙います。数投目にして30cm級が釣れ、続けて25cm級がヒットします。ここでもミニサイズが多いようで、小型がヒットします。

そうこうしていると、ツケエを「食い渋りイエロー」にした時にアタリがあり、アワセを入れると良型の引きが伝わって来ます。愛竿が綺麗に曲がり、無事に取り込んだのは、本日最大の41cmです。その後もメイタサイズが釣れていましたが、雨が降り出したので午後2時に納竿しました。本日は雨の中の釣行でしたが、数釣りを楽しめ、強い引きも味わえたので良かったです。食べても美味しい最高の季節がやってきました! 国東のチヌ釣りシーズンは真っ只中です。皆さんも一度国東に来られてチヌ釣りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

豊後高田市在住/成重洋一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード