TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

オーナーカップ金勝杯米水津一帯で開催!

2017年 11月 12日 0時頃

11月12日、小潮。今年も佐伯市米水津一帯の磯で開催された「オーナーカップ金勝杯」。毎年、この大会を楽しみに参加するクロ釣り師も多く、今年は127名が各磯に散らばり、それぞれの腕を競い合った。今年の米水津は若干遅れ気味のシーズンであるが、この日は好天にも恵まれ、コッパグロさえ避わせば良型グロに巡りあえるような条件がそろった。前日、米水津入りしていた大会協議委員長の播磨さんも、「クロの気配もかなり良くなっているので、釣る方は50cm近いクロを出してくるかも…」と期待を寄せていた。

昼の12時納竿、続々と検量所にクロが持ち込まれる中、沖の黒島周辺に上がった組の釣果が盛り上がりを見せる。46cmのオナガを手にした磯崎選手は、「それほど気になるエサ盗りはいなかった。干潮からの上げ潮に変わった時に、オナガが来たけど、それ以外はクロは見えるけど、ツケエに反応したいといった状況」とコメント。ビロー下での釣果であった。また東のサラシに上がった首藤選手は、見事45・8cmのオナガを手中に収める。「朝まずめに一発来たけど、それ以外は表層は中型グロ、中層でバリ。一瞬いい潮が流れた時にオナガが釣れた」と話す。

地回りでは、平均35〜40cm級のクロが釣れていたが、どれも地付きのクロで、回遊性のクロはまだ入っていない様子。いい潮が流れた時に、チャンスをものにできたかどうかが勝敗の分かれ目となった。

そのような状況の中、ひときわ大きなクロが検量に持ち込まれた。宮崎県の木本選手が釣り上げた体長50・5cmの口太グロである。このクロが決定打となり、木本さんが優勝。準優勝には、カイドクの奥で竿出しした安部選手、3位に横島8番でキーパーを揃えた嶋田選手が滑り込んだ。

嶋田選手のコメント=突っかけ潮だったので、難しい釣りでした。「速手グレ/4号」でどうにかクロの口元にツケエを届けることが出来、それが40オーバーのクロだったので、良かったです。

安部選手のコメント=1ヒロ前後で中型グロが釣れていたので、多少遠投気味にねらって、40 オーバーを釣ることができました。朝はまだエサ盗りも多かったです。

木本選手のコメント=風が強かったので、「元輝グレ/5号」でウキ毎沈める全遊動釣法で狙いました。掛けた時はものすごい重量を感じたので、マダイかと思いましたが、途中でクロだと分かり慎重にヤリトリ。まさか50オーバーが釣れるとは思いもしなかったので、嬉しかったです。

沖磯は、オナガ交じりの良型狙い、地回りはレギュラーサイズの数釣りと、ようやく例年のパターンに入り始めた米水津。ただし、場所によってはまだエサ盗りが多い場所もあるので、マキエワークで避わしたり、わざとマキエから外して狙うなど、工夫が必要な時もありそうだ。また、ハリを交換することで釣れることもあるので、グレバリは数種類準備して釣行してほしい。

主催/株式会社オーナーばり
協力/米水津渡船組合

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード