TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

爆風の佐賀関でアジ釣り

2017年 11月 19日 22時頃

11月19日、大潮。今季最大の寒気が流れ込んだ週末。典型的な西高東低の気圧配置により、暴力的な北風に真冬を彷彿させる寒さ! しかもなぜか、土日ばかり悪天候になるような…。先月末、2週連続で週末に襲来した台風と言い、サラリーマン釣り師泣かせの天気が続いています(涙)。しかし、いくら悪天候続きでも、釣り無しで2週間以上過ごすのはガマンできません(笑)! と言う事で、北風が爆風の日曜日に、ホームの佐賀関へアジ釣りに行って来ましたので、報告します。

今回は半夜釣りメインなので、昼過ぎに出発です。佐賀関に入り、海が見えて来ました。ま〜、やはりと言うか、めちゃくちゃ荒れています。例えるなら、「冬の日本海」という感じでしょうか。道の駅に設置されている鯉のぼりが、ちぎれて飛んで行きそうです。普通に考えれば、釣りなんて到底出来ないようなコンディションなのですが、佐賀関は半島の北側と南側で、海の状況が全く違います。半島が風を散らしてくれているのでしょう。半島北側の釣り場が荒れていても、南側に回ると凪いでいることも珍しくありません。したがって今回の釣り場は、半島の南側をチョイス。風速10m以上の強い風が吹いているので、さすがに無風ではありませんが、狙い通り何とか釣り出来るレベルです。

まずはマキエを作り、アジを寄せるために、広範にマキエを打ちます。そしてマキエを絶やさないよう打ち続けながら、仕掛けを作ります。今回の本命はあくまでアジ。浅ダナを攻めて行きますので、ハリス1号にウキを直接通し、ウキ下1mからツケエがゆっくり落ちて行くような全遊動仕掛けです。

辺りがだいぶ薄暗くなってきた17時前から釣りスタート! まだマキエが効いていないのか、アジのアタリは無く、たまに釣れるのはチャリコばかり。釣り開始から30分ほどそんな状況が続き、ちょっと不安になってきた矢先、竿先をひったくる気持ちの良いアタリが! 釣れたのは、23㎝のアジ! やや小振りですが、このサイズがたくさん釣れれば御の字です。とりあえずキープ! そして、次もすぐにヒット! これまた同サイズのアジをゲットです。一緒に竿を出している友人にもアジがバンバン掛かっており、完全に時合いに突入した模様です。20㎝以下のゼンゴサイズも釣れますが、平均は23〜25㎝と嬉しいサイズ。すぐにバケツがいっぱいになります。

このまま爆釣かと思いきや、辺りが完全に暗くなると、アジの食いが落ちて来ました。チョコチョコとウキは沈むのですが食い込まず、なかなか掛けることが出来ません。こんな時はマキエを広範に先打ちし、やや沖に仕掛けを投入。誘いを入れるイメージで仕掛けを引いてくると、効果テキメン! 再び竿先をひったくるアタリが頻発し、食い渋るアジがバシバシ掛かります。

絶好釣だった18時30分頃、何やらこれまでと違うアタリが来ました。アワセると重い! アジならかなりデカそうです! 仕掛けが細いので、無理せずゆっくりヤリトリ。魚体が見えてきました。40㎝はありそう! ドキドキしながら魚を寄せてくると、水面をバシャバシャやって魚が跳ね上がります。これは紛れも無く「エラ洗い」。ということで、釣れたのは、45㎝のセイゴでした。10年以上に及ぶ自分の釣り歴の中で、沖アミにシーバスが食って来たのは、これで2回目です(笑)。

さて、この後も飽きない程度に釣れ続け、ゲストに30㎝弱のマダイもやって来ました。まだまだ釣れそうでしたが、寒さに耐えられず19時30分に納竿。実釣2時間と短い釣りだったものの、27㎝を筆頭に23〜25㎝のアジを二人で50匹釣り上げました。久しぶりのクーラー満タンです! ここ数ヶ月がすこぶる不釣だっただけに、アジとは言え、かなり嬉しい結果となりました。翌日、アジは刺身とフライで頂きました。やっぱりアジは美味い! 家族にも好評で、ヨメから「また釣って来い」指令が発令! 自分的には、冬は大物志向で行きたいところなのですが、最近あまり釣れないし、簡単に釣れるアジはなかなかに魅力的。悩ましいところです(笑)。

HN/もりたろう・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード