TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

県南超シャローで良型サバ釣り

2017年 11月 15日 21時頃

夜もしっかり冷え込む様になり、明け方まで釣りをしていると、ほぼ毎日海には蒸発霧が出る程だ。これだけ寒いと人間の方が先に折れてしまいそうだが、意外にもまだまだ釣りを楽しんでいる人々は多い様子。さて一層寒くなるにつれ、根気の要る釣りを要求される場面も増えていくだろう。体力面だけでなく、精神面を考えてもしっかり防寒着を着込んで長丁場を見越した冬場の釣りに集中していきたい。

11月15日、中潮。津久見のイルカ島を過ぎ、佐伯市は風無方面へ走る。このエリア一帯は常夜灯、シャロー、磯場など、ある一定の条件が重なるとカタクチイワシの群れが回遊を始める。それに合わせる様に、夜な夜な大規模なライズが目の前の浅場で繰り広げられる。ライズの正体はサバ。それも接岸してくるサバは軒並み40cm前後と沖で釣るものと遜色ないと来れば釣らない手は無いだろう。ということで前回に引き続き、今回もサバ釣りルアー編第2弾をご紹介して行きたい。

さて、今回は前回より更にお土産を増やすべく、ジグヘッドをメインに数釣りに焦点を当てて釣りを行なっていこう。群れが入れば遠投は必要無いので、使うジグヘッドは1gから2g前後まで。特に凝った工夫などは要らず、ワームの色形も個人の自由。ただし細軸は総じてNG。なるべく軸の強いものを使用するのが鉄則。ラインは細いに越した事は無いが、手返しを推してブリ上げたりする場合は多少太くても問題ない。ちなみに今回筆者はP E 0・6 号、リーダー1・5号、2号を目安にラインシステムを組んでいる。

かれこれ1 ヶ月以上に渡り数百匹を釣ってきた結果、統計的に一番効率的に数が釣れるのは、ジグヘッドの高速トゥイッチング。それだけ群れていれば小さなメタルジグやミノーでも同じ釣り方で釣れるのでは。と考える方も多いだろうが、それが意外にも数釣りには繋がらない。高速で回遊するサバも一見すると、見てない様で意外としっかり観察して捕食行動に移っているという事だろう。

まずは1 投目、着水したと同時に渓流のミノーイングばりに高速でトゥイッチ。水面から飛び出さない様に下方向にツンツンと穂先を下げながらのリトリーブ。後ろからワラワラとサバの群れが付いてくるが速度を落とすと見切られたり、場合によっては完全にスレてしまうため、速度を落とさず一定速度で巻いてくる。そうするとしっかりとしたアタリと共にあっという間にこの日のファーストフィッシュ。口の先から尾ビレの先端までで38cm。決して大きい個体を選別しているわけではなく、適当に釣っても軒並みこのサイズ。写真からも見て取れるだろうが、1 匹1 匹が刺身で食べられる大きさ。1匹スイッチが入ると一斉に捕食へ移るので、数釣る場合は時間を置かずに次々投げる事を心掛けると良い結果に繋がる。そんな感じで、ひたすらジグヘッドをトゥイッチし続け、ヒットしたら無闇に走られる前にブリ上げ。気分はまるでカツオの一本釣りでもしてる様だ。ちなみにボトムからスローに引いてくるとアジが釣れたりもする。

そして、この写真の注目すべき点は写真背景。見て分かる様に、間違ってもジグサビキや重たいルアーが使えない理由を察していただけるはず。この水深がメリットと捉えるかデメリットと捉えるかは本人次第だが、軽い仕掛けでいかに数釣りできるかといった新しい発想で釣りを見れるといった観点では新鮮で面白い。しかもこの水深でアジとサバの棲み分けがキチンと成立しているという事実もまた驚く一方。

さて、釣果はほどほどに増え続ける。サバはアジの様な繊細なゲーム性は無いが、引きは正に小さな青物と言った引きで非常に面白い。特に水深が浅いため、更に緊迫したヤリトリが楽しめる。写真は35〜40cm前後が40匹。コレが2セットもあるのだから、運ぶのにも締めるのにも一苦労。友人から釣れるだけ釣って来て欲しいと依頼されてはいたものの、コレは流石に度が過ぎる。それでも釣れに釣れ続けるものだから、どこで終わりにしようかと思っていた矢先、締めたサバの血がラインローラーを固まらせ、完全に固着した事によりライントラブルが多発したため、丁度いいと思い終了する事に。筆者の小さなクーラーボックスには到底入り切らず、数十匹は血抜きして塩氷の入ったバッカンへ。

想定外に釣れ過ぎたので氷はやや控えめに入れたものの、それでも車へ戻るだけでも重労働。車へ戻る頃には釣りを開始してから4時間が経過。丁度潮止まりといった所で帰路に着く。今回の釣果はサバが80匹、その他ヒラセイゴ2匹、カマスが1匹。アジは25cm以上サイズが出なかった事により全てリリース。とこの様な結果になった。

この釣果が多いと見るか、少ないと見るかは人次第だが、例年に比べるとサイズや数は格段に良く個人的には2017年はサバの当たり年という印象が強く残るほど衝撃的な釣れ方をしている。塩焼きや味噌煮などなど食材として見てもレパートリーの多い魚なのでおススメ。サバの捕食対象、いわゆるベイトとなるカタクチイワシの回遊ルートは、恐らく市内方面から見て津久見市を過ぎた辺りから佐伯市217号線の地磯一帯。その日のベイトが溜まる場所は逐一変わるので、足繁く通うか、直接目で見てボイルを探すのが一番早いと感じる。

また、場所を探索する際の注意点として、佐伯には立ち入り禁止区域もあるため、竿を出す前に看板や事前情報を確認した上で楽しく釣りをして貰えれば幸いです。これから寒さは増す一方ではあるものの、しっかり防寒対策をした上で熱く盛り上がる冬になればいいなと願うばかりである。

Text & Photo by 伊水 衣鳴

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード