TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見センスイカン寒グロ

2017年 12月 24日 14時頃

12月24日、小潮。新年明けましておめでとうございます! 今年もよろしくお願いします。今回は、年末に釣行してきた時のことをレポートさせて頂きます。朝と昼の寒暖差があまりなく、かなり寒い時期になりました。気温は下がりましたが、磯釣りの方は寒グロハイシーズンとなり、いつもお世話になっている三浦さんから「鶴見大島のほうに行ってみようや」というお誘いをもらったので、付いていくことにしました。私の方はあまり鶴見大島の方で竿出しをしたことがなかったので、ここは一発、新たな釣り場に行けるという前向きな姿勢でテンションは上がります。

しかし、この日の天候は午後から南寄りの風が強くなり、ウネリをともない雨も降るといったような状況…。鶴見大島で竿を出せるかが微妙でした。「第三正幸丸」の午前3時半の便に乗り込み、船長と天候などの話し合いをした結果、安全である湾内の方に釣り場を決めました。そして船長のオススメで上礁したのは、宇土の「センスイカン」です。現地に着いてみると、気にならない程度に北風が吹いています。明るくなるまで三浦さんと談笑し、同時に釣りの準備をしていきます。

午前7時前ぐらいになると、だんだんと夜が明けてきたので、クロ釣りを開始します。今回用意したマキエは沖アミ生3角に、いつも愛用しているマルキユーの「グレパワーV9スペシャル」、「グレパワーV11」、「遠投フカセTR」を使用しました。ツケエは「くわせオキアミスペシャル/M」です。仕掛けの方は、ウキは操作性がよくお気に入りのソルブレ「リミットM/μ/0号」に、ハリは浅層からゆっくりと探ってみようと鬼掛「極軽グレ/5号」にします。準備が整ったので、いざ開始です。船着き辺りの所に2人で釣り座を構え、足元にマキエを打ってみると巨大なカンダイにハコフグが見えます。魚の活性があまり良くないのかなと思いつつ、約15m先にマキエを数ハイ打ち、浅ダナから狙ってみることにします。

しかし、いざ狙ってみると浅いタナで何度かツケエが盗られるので、マキエと仕掛けのインターバルをとって仕掛けを送り込んでみることにします。すると1ヒロ半程のタナでウキがスーッと入っていき、手元の道糸を見てみると空中に完全に浮いています。すかさずアワセを入れたところ、竿にかなりの重量感が伝わってきます! 何度も沈み瀬の方に突っ込まれながらも、無事タモ入れ出来たのは45 cm級の丸々としたクロでした。久しぶりに良型グロを釣り上げることができ、嬉しさで気持ちがいっぱいになります。その後、さらなる良型グロを狙ってみるも、釣れるのはカワハギやベラなどばかりで、なかなか本命にクロに辿りつけません。三浦さんに状況を伺ってみると、やはり同じような状況だったので、思い切って釣り座を変更することにします。沈み瀬の多そうな船着きの裏側辺りに構え、まずは浅ダナからゆっくりとツケエを沈めながら狙ってみます。仕掛けが馴染んだかなーと思っていると、手元から道糸がバチバチっと出て行きます。

すかさずアワセを入れると、またもかなりの重量感を感じます!何度も足元に何度も突っ込まれながらも、無事にタモ入れしたのはこれも良型の40cm級のクロでした。すかさず三浦さんも移動し、2人で裏側を攻めます! そして三浦さんの「きたぁー!」という声で横を見てみると、竿が大きく曲がってます! 何度も足元に突っ込まれながらも無事にタモ入れしたのは、45cm級のクロでした。同じように狙ってみると、30〜40cm級のクロを比較的浅ダナで釣り上げることが出来ました。

十分に鶴見湾内での魚釣りを楽しんだ私達は、14時に納竿としました。今回は残念ながら鶴見大島での釣行とは行きませんでしたが、鶴見湾内でも十分すぎる良型グロを釣ることができたので、大満足な1日となりました。皆さんも天候と相談し、鶴見の磯へ行かれてみてはいかがでしょうか?

チーム鬼掛大分支部/古庄海・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード