TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

釣り納めのメバリングが…?

2017年 12月 31日 22時頃

まず、初めに。新年明けましておめでとうございます。2018年がスタートしました。今年もつり太郎で書かせていただきます。今年もできるだけ読者の皆様に分かりやすく、面白いと思っていただけるような文章を書いていけたらと思いますので、宜しくお願い致します。

さて、新年1 発目、何を書こうか迷っていたのですが、初釣りの釣行をご紹介したいと思います。2017年12月31日の夜、この日も仕事で帰ったのは夜の9時です。出勤前に帰ってからすぐに釣りへ行けるようにタックルを準備しており、ご飯を食べてすぐに2017年の釣り納めの魚を狙いに行きました。シーバスを釣って締めくくりたかったのですが、現在は厳しい状況が続いていたので、ターゲットをメバルに絞り、良型メバルを釣って1年を締めることにしました。私がポイントに着いた時は、干潮で潮が1番下がっていた時でした。2017年の残り3時間弱、確実に釣れるようジグヘッドで狙って行きます。ジグヘッドの重さは風の影響を受け難く、操作しやすい1・5gを使いました。ワームは1・6インチで、テールが葉っぱみたいな形になっているものを付けました。

初めは、湾内の常夜灯下で狙ってみます。常夜灯を背に足元にできた明暗部をスローリトリーブしてきます。開始1投目からヒットしますが、釣れたのは10㎝くらいのメバルでした。すぐさまリリースして、手返しよく狙って行きます。レンジを下げてみたり、ちょっとずつコースを変えてみたりするも、数は釣れてもサイズが中々上がりません。

そこで、ポイントを移動することにしました。「年越す前に早く」と焦る気持ちを抑え、自転車をこいで次のポイントへ向かいます。次のポイントに着くと、潮が下がり過ぎてボトムが見えるほどです。ボトムは岩なのですが、所々に海面まで藻が生えています。こういうストラクチャーには確実と言っていい程の確率で、何かしらの魚が着いています。私は、そのストラクチャーに着いているであろうメバルを狙います。2本の藻が海面まで生えている間を、表層から段々とレンジを下げつつ狙って行きます。表層は反応がなく、中層でショートバイトがありました。アワセ切れなかったので、1度巻き上げてもう1度キャストします。同じコース、同じレンジで狙いましたがアタリが出ず、更にレンジを下げてみることにしました。先ほども書きましたが、ボトムは岩なので根掛かりさせないように仕掛けを巻いてきます。引っ掛かるか、引っ掛からないかのスレッスレをスローリトリーブしてくると、「グッ」っと竿先が入りました。気温が低く横風もあり、そのため手の感覚がなくなってきていましたが、重さや抵抗から良型と分かります。

かじかんだ手で、「今年を締めくくる魚、ラストフィッシュだ!」と思い、慎重にヤリトリ。上がって来たのは、25㎝弱くらいのメバルでした。サイズはそこまでと思う方もいるかもしれませんが、渋い中でのこの1匹は私の中では価値のある1匹でした。テンション上がって魚の写真を撮ろうとスマホを取り出すと、時刻は夜中の12時10分…。釣り納めで魚を狙って頑張ったのに、どうやら2018年の初釣りになってしまっていたようです(笑)。新年の1発目が「こんなことで大丈夫か?」とも内心思いましたが、これはこれで、今年も楽しく釣れたらと思います。こんな私ですが、今年もよろしくお願いいたします。

最後に、この釣行で使用したタックルをご紹介します。ロッドは、7・8ftのメバリングロッドに、リールはダイワ「セルテート2004ch」です。ラインは、PEラインの0・3号に、リーダーは1・5号。ジグヘッドは、ダイワ「月下美人SW/ライトジグヘッド/1・5g」にワームは、シマノ「ソアレバドルクネン/1・6インチ」です。月下美人のSWライトジグヘッドは両目が付いており、私が今回の釣行で使ったのは黒でしたが、夜光の色もあります。今回のポイントには常夜灯が海面までしっかり光が届いていたので、黒のカラーのジグヘッドを使用しましたが、常夜灯があっても海面に光が届いてない場合などは、夜光などを使用すると魚にアピールすることができるのでオススメです。

戸河 光太・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード