TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

津久見にてホゴ爆釣!!

2018年 1月 27日 18時頃

1月27日、若潮。寒い毎日が続いていますが、釣り人の皆さん、釣果の方はいかがですか?釣友の甲斐氏より、先週津久見へ釣行したときの情報を頂いた。ホゴ釣りをしたところ、20cm前後のホゴを短時間で20匹、さらにチヌも3枚釣ったとのこと。「27日も行くので、覗きに来ませんか?」というので、12時頃、現地に到着してみると、チヌ釣り師が5〜6名いた。しかし、低水温のためか釣果は無し。一人だけ遠投カゴ釣りをしていた、通称「津久見港の主」であるY氏の釣果を拝見すると、23〜25cm級のアジを20匹と、40cmのチヌをクーラーに納めており、さすがは津久見港の主と呼ばれるだけはあると感心した。

甲斐氏もチヌ釣りはダメだとのことで、ホゴ釣りに変更しており、キビナゴのツケエで1投目から「来ました!」と20cm級のホゴをヒットさせた。これを見て私達夫婦もホゴ釣り仕掛けに変更。オモリ3 号に「ジョイナープレミアム/1・5号」を40cmと長くとり、ハリはオーナーばり「インホワイトチヌ/3号」を結び、ツケエはマルキユー「くわせキビナゴ」と市販のキビナゴMを用意した。甲斐氏のアドバイスで15m程投げて底取りができたら、少しずつサビくと良いと言うので、大きめのキビナゴを付けて、少し沖目から狙う。水深は20m前後あり、底取りをしてから少しずつサビくと、カケアガリの所でグーグーと竿先を押さえ込むアタリ。「来た!」と大アワセして早巻きで底を切り、姿を見せたのは22cm の良型ホゴであった。

その後、15〜20cmのホゴを3匹追加した所で、少し場所移動しながらホゴを狙うが、食いが良くなりすぎたのか5割の確率で根に入られる。試行錯誤しながらオモリを底から30cm程上げてアタリを待つと、良い結果が出せた。そして満潮前の15時頃に、この日一番の強烈なアタリがあり、必死に糸を巻くが根から切り離すのに苦戦し、何とか姿を現したのは、27cmの丸々としたホゴであった。コレを機に時合いが到来し、仕掛けを張っていると底に着く前にアタったり、すぐにアタリが出るようになり、ハリスを40cmと長くして大きめのキビナゴを付けることによって、ホゴへのアピール度を高めることで、クーラーには15〜27cmまでが40匹ほど確保できた(14cm以下はリリース)。ホゴも良く釣れたのだが、準備してきたオモリ25個とハリ2袋が無くなったので16時過ぎに納竿とした。

今回は竿が1号と少し柔らかかったので、次回は1・25号か1・5号でも良かったのではと反省。やはり今の時期、食べても美味しいメバルやホゴを狙うのも良いのではないでしょうか? 色々と考えながら帰路に着いた所である。

JFC大分/MFG九州/仲國勝・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード