TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

寒グロ期らしく、激渋のアタリを捉えて取り込む

2018年 1月 20日 13時頃

1月20日、中潮。夜が明ける朝7時便で、いつもお世話をしてくれる瀬渡し船「政進丸」にて、米水津に釣行してきました。今回一緒に瀬上がりしたのは日野君、河野君、私の3名です。向かった磯は「トリノス四畳半」。まずはマキエを広範囲に打ち、仕掛けの準備を開始します。今回使用したエサは、低水温で活性が下がっていると予想し、沖アミ生3角にマルキユー「グレパワーV9徳用」と「爆寄せグレ」、パン粉2㎏を均等に混ぜ、幅広い層を狙えるイメージで配合しました。私は基本「グレパワーV9」をベース配合しますが、時期に合わせてどの配合エサを追加するかを比重などで判断し、自分の理想となるマキエをイメージしています。

竿はがまかつ「インテッサGⅤ/1・0号/5m」に、道糸とハリスは共に1・5号を使用。ウキはいつも愛用している釣研「エイジアマスターピース/01」をチョイスし、ハリは食い渋りのクロに違和感なく食わせるために、がまかつ「ファイングレ/5号」を使用しました。

準備ができたので、早速3人で竿出しすることにしました。しかし魚の姿が全く見えません。唯一見えたのは団体ではなく1匹のボラのみです。とりあえず竿1本までを丹念に狙いますが、予想通りツケエがマル残りです。それからガン玉G5 号を追加し、竿1本半〜2本を探ると、今度はツケエが盗られています。竿1本〜2本の間で何かがエサを盗っていると判断し、次は竿1本を超えたあたりからラインだけに集中してアタリを待ちます。しかし、魚からの反応がなく、やっぱりツケエだけ盗られます。「キタマクラかなぁ〜?」と、想定していましたが3人ともハリスやハリに傷が無く、一度もハリが盗られないので「クエスチョン?」が続きます。

今まで深場を狙っていましたが、気持ちを切り替えて今度は水深の浅いシモリ付近を丹念に狙うことにしました。しかし、そこでも反応が無く3人ともノーフィッシュだったので、瀬替わりすることにしました。低水温時期は、地回りの磯が安定して魚からの反応が期待できます。「サザエ」周りに行くと「ネコバエ」が空いたので、そこに上がる事にしました。まずはマキエを打ちます。すると先ほどの「トリノス四畳半」とは全く別世界に来たと思う程にエサ盗りが多く見えてきました。これはクロもいる! と確信し、すぐに仕掛けを投入します。すると1投目からアタリです。ウキが少し馴染み始めたあたりで「エイジアマスターピース」が一気に消し込みました。すぐにアワセを入れるとクロらしき引き!これを丁寧に取り込むと、30cm弱の口太が釣れました。

さぁ、これから続くかと思いきや、中々釣れません…。どうやら潮が上げ潮から下げ潮へ変わり、水温も低下したようで、エサ盗りすら減ってきました。と言うことは、タナが深くなったということなので、仕掛けを釣研「エイジアマスターピース」01から02に変更。少し深ダナを狙うことにしました。仕掛けを投入してから5分程度長めに待つと、道糸が弾け飛びすぐにアワセを入れます!するとさっきより重量感があり、目の前の沈み瀬を避わすよう丁寧にヤリトリをすると、顔を見せてくれたのは38cmの立派な口太でした。狙い通りに釣れてくれた魚は本当に嬉しく思います。

隣の日野君も竿が曲がります。かなりの重量感で本日最大か? との期待を膨らませましたが、浮いてきたのはクロではなくハトポッポでした。しかし見事な竿さばきで魚を暴れさせることなくタモ入れする姿は、見ていてとても綺麗でした。次は河野君も竿が曲がります。「キター」の叫び声で嬉しそうにヤリトリをしています。しかし気合が入り過ぎたのか? 運が味方をしてくれなかったのか? まさかのすっぽ抜けで納竿となりました。

今回の釣行は全体的に厳しかったものの、ぽつぽつとクロの顔を見る事ができ、休日を仲間と楽しく過ごすことができたので、大変充実した一日となりました。また、今回磯は一緒には上がれませんでしたが、同メンバーの佐藤君は「サズリ」で立派なイシダイを釣り、山下君は「ワニ」で見事46cmのクロを釣っていました。これから本格的にクロ釣りは終盤を迎えます。厳しい状況でのクロ釣りに魅力を感じ、これからも可能な限り釣行したいと思います。

釣研大分県支部FG/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード