TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

Rock Fish Game

2018年 2月 10日 6時頃

最近は全く釣りに行けてないため、今回は僕がハタゲームで使用しているタックルを紹介しようと思います。まずは僕が堤防からのハタゲームで使用しているタックル。ロッドはリアルメソッド「SBGRー906M」。これはシーバス用なのですが、40gまでキャストできるため、他の釣りでも使える万能ロッドだと感じてます。ライトショアジギングでもこのロッドは使えますし、6㎏クラスの青物も、割りと楽にキャッチできたのでパワーもそこそこあり、かなりおススメです。

リールはダイワ「セルテート3000番」。堤防からだと大型が掛かることはほとんどないので、このくらいあれば十分だと思います。僕はこれにPE1号、リーダーは5号を巻いています。使用するルアーとリグは、メタルジグが20〜40g、テキサスリグが10〜21g、ワインドが14〜20gで調整しています。大体いつもこれのローテーションをしています。重さは水深や潮の速さなどで替えるイメージです。僕の超個人的意見としては、ボトムワインドが一番面白いかなと思ってます(笑)。

次にロックショアで使うタックルです。堤防とは違い、かなりパワーが必要になるので、僕はショアジギングタックルを使用しています。ロッドはパームス「ショアガンSFGSー89H+」。リールはダイワ「キャタリナ4000H」にPE1・5号、リーダー8〜12号を巻いてます。正直これでも根に潜られることがあります(笑)。磯でのハタゲームは2回くらいしか、竿出ししたことが無いのですが、2回ともテキサスよりもジグヘッドの方が反応は良かったので、30g以上のジグヘッドを何個かボックスに入れてた方が良いかと思います。以上が僕のタックルになりますが、あくまで素人のタックルなので、ちょっとでも参考になれば幸いです。

最近は子育てと仕事で、なかなか釣りに行けていないのですが、3月からは行けるようになりそうなので、次回の釣行時にはガッツリ魚の写真を載せられるように頑張ります。

HN/ういち・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード