TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

OITA JAPANESE AMBERJACK AT JIGGING

2018年 2月 18日 12時頃

2月18日、中潮。大分沖の水温は、13・5〜15・5度ほど。海域によって水温差はあるものの、1年で一番下がる時期だけに流石に冷たい。ところが、近年はそのような時期でも青物が頻発することが多くなった。環境の変化の恩恵は、こんなところにもある。今年もそんな寒くて熱いジギングシーズンに突入し、「ブルーホーク」でも天気の合間をみて出港している。

この日は、そんなジギング釣行。お目当てのポイントに入ると、案の定表層の水温は13度台と低め。水深100m前後のポイントを狙うことが多いため、それなりのタックルが必要となる。中でもジグは、160〜170g程度を必要とする。「色はいろいろな色でアタっていますので、オレンジやブルーなどいろいろご準備ください。ジグもセンターバランスのノーマルジグで大丈夫です」とは、「ブルーホーク」の船長のコメント。

魚探に映る反応をみながら、ジグを投入。あまり大きな群れではないが、魚影はある。やはり、いきなり朝からヒット! まずまずのブリが上がり、船上を活気づける。しかし、このポイントでは後が続かず、次のポイントへ移動。すぐに別の群れを発見し、再度こちらでもブリをヒットさせる。「今年の傾向としては、大きな群れがあまりない分、小さな群れが点在するような感じです。反応があれば、確実にアタリはあるようですし、ブリの反応が出るポイントも多いので、しばらくは釣れ続くと予測しています」と、馬場船長の鼻息も荒い。

おそらく水温帯で群れがまとまっているというよりも、ベイトの量によって、青物の群れの大きさも変わっているようだ。逆に言えば、それだけベイトの群れが各地に点在しているといった状況。海の温度は表層は上下が激しいが、底層になればなるほどあまり変わらない。思ったよりもベイトの量が多いのかもしれない。

この日最後のポイントは、比較的大きな群れにアタリ、全員が青物を手にした釣行となった。竿頭は4本のブリを揃える盛況ぶり。「あちらこちらで青物の回遊が見られイイ感じでした。後は天候次磯PE を使ってチヌの数釣りを楽しんだ筆者第ですが、出港できれば、大型青物が狙えそうですよ」と船長。年々冬の大分沖は青物魚影が増えているのは間違いない。今年こそ、冬場だからこそ出会える10㎏オーバーを目指してみるのも悪くない。まずは船長に連絡し、相談することをオススメする。

写真提供=ブルーホーク TEL 090・5937・1060

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード