TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

2月末の寒チヌ釣行in蒲江!

2018年 2月 24日 12時頃

2月24日、小潮。少し前までは随分と冷え込みましたが、ここ最近は朝晩以外の日中は暖かくなりました。しかし、海の中は水温低下の影響で魚の動きはイマイチ…。釣り仲間の話によると、ツケエが全く盗られないとか、エサ盗り自体が全く見えないとか、どこも厳しい状況のようです。そんな中、厳しい状況は承知の上で、大分県南の蒲江にてチヌを求めて釣行してきました。

目的の釣り場に到着してから、すぐにマキエの準備に取り掛かります。今回のマキエは、沖アミ生とマルキユー「チヌパワームギスペシャル」、「チヌの宿」をブレンド。「チヌパワームギスペシャル」は、色や大きさ形の違う5種類のムギで視覚効果でチヌを寄せてくれ、集魚力も高いという特徴があります。「チヌの宿」は、濁り・遠投性・比重があるので、マキエを遠くに飛ばしたり、素早く底にためる事も可能になります。ツケエにも同じくマルキユー「くわせオキアミスペシャル」、「くわせオキアミスーパーハード」、「特鮮むきエビ」、「くわせ丸えびイエロー」、「アピールホワイト」を準備しました!

今回の釣り場の水深は約10m前後あり、時期的にはチヌが底付近にいると推測し、仕掛けを素早く底に落とすイメージで仕掛けは半遊動とします。ウキは視認性・感度・遠投が良く出来る釣研「黒鳳Ⅱ」を使用。道糸にはサンライン「磯スペシャルGOLDISH」を採用。撥水性・耐久性・張りもあり、道糸の操作性(コントロール)がしやすく扱いが大変楽な道糸です。ハリスはサンライン「トルネードVハード」。しなやかさで寒の時期でもチヌがハリスを気にせず、ツケエを違和感なく食ってくれます。ハリは掛かり抜群のがまかつの「チヌR」を使用しました。準備ができたところで、早速釣りスタート。足元にマキエを入れ、魚の活性と動きを確認するも、やはり水温低下のせいなのか何も見えません。試しに仕掛けを深く底付近まで流してみますが、ウキは全く反応無し。もちろんツケエは残ったまま上がってきます。するとここで、別の釣り場で竿出ししていた同級生の佐保くんが釣り場に来て、一緒に竿出しすることになりました。

2人でマキエを打ち続けると、先程まで残っていたツケエ(沖アミ)が、だんだんと何かに齧られて戻って来ます。二人で一気にマキエを入れたからなのか? マキエが効き始めて魚が寄って来た感じです。ここで佐保くんに待望のアタリ! 綺麗に竿が曲がってます! しかも中々な重量感のようで、無事にタモ入れした所に近づいてみると、中々の大型チヌでした。これを見て勇気付いた私は、佐保くんにタナやツケエなどを聞いて参考にします。すると、ウキがもやもやと消えて海中に入っていきました。焦らず仕掛けを送り込ませてからアワセを入れると、ずっしりとした重量が竿に伝わります!竿の性能を活かすためにラインは出さずしっかりと立てると、なんとか無事に浮いてきました。40㎝前後の綺麗なチヌでした!

すると、またもや佐保くんにもアタリ! これまた大きく竿を曲がっています! これも無事に取り込んだのは、大型のチヌ! さすが佐保くん、毎回確実に釣り上げる所はすばらしいです。勉強になりました。

私も諦めず狙い続けると、ウキが綺麗に消し込んだところでアワセが決まります! チヌとの力強いヤリトリは、とてもスリリングで、何ともいえない快感が伝わります。タモに収めるまでは油断できないので、焦らず寄せて無事タモの中へ取り込み成功! 綺麗なチヌだったので、格別に嬉しい1枚となりました。釣れたタナは、やはり底付近でした。これからは、ますます気温も上がり、それに伴って水温も上昇してきます。活性が高まったチヌ釣りは、もっと楽しくなるでしょう。今回も大自然のすべてに感謝、ありがとうございました!

SSC/MFG九州/釣研FG/GFG大分/藪田義人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード