TOP ≫ 船TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

春のマダイ祭り開幕!

2018年 3月 12日 12時頃

3月12日、長潮。山桜が日毎に山をピンク色に染め始めたこの頃、臼杵湾でタイラバを楽しませてくれる「ブルースFS」で体長90㎝オーバーの大型マダイがヒット。本誌としても久しぶりの90㎝オーバーのマダイに、マダイの状況も良くなったと実感! そこで、これからますます上向いてくるだろうタイラバについて、「ブルースFS」の船長にアドバイスを伺った。

「例年通り、山桜が咲き始めると沖からマダイが入って来ました。季節はやはり毎年のパターンでめぐりますね。この日のように大型マダイがまだまだ狙えますよ!」と鼻息も荒い船長。そんな大型マダイを狙うにあたっての注意点を伺うと、「産卵前で非常に体力があります。そのため、ワンランク太めのラインを巻いて来てください。具体的には、PEは0・8号クラス、リーダーも4号クラスのリーダーが必要です。大型ほど小さなアタリですが、竿に乗った途端、一気に仕掛けを引っ張り回すので、注意が必要です」とのこと。太仕掛けでも十分マダイのアタリが取れるほど、状況が良くなっている。

「それと、オモリ玉はメインは1 2 0 g、潮次第では1 5 0 〜1 8 0 g まで使用します。またラバーにアタることもありますが、玉を目掛けてアタリが発生することもあるので、オモリ玉のカラーをダーク系とレッド系の2種類ご準備ください。どちらのカラーがいいかその日によって変わることがあります」と「ブルースFS」船長。

12日は、体長90㎝オーバーの大型マダイを筆頭に、全員安打の1日だった。徐々に水温も上がり始め、これからGWに向けて、タイラバがヒートアップすること間違いなし。好天気が続けば、それこそ、連日数釣りが楽しめる状況だけに、お早めに予約を入れることをオススメしたい。

写真提供=ブルースFS TEL 090・9720・7207

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード