TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

蒲江のチヌ釣りで55cmを筆頭に年無し3枚

2018年 4月 4日 13時頃

4月4日、中潮。今回は蒲江へチヌを狙いに行って来ました。朝はいつもより少しゆっくり自宅を出発し、釣り場に着いたのが10時頃。とりあえず偏光レンズ越しにカケアガリの位置やイカダのロープの位置などを把握し、狙いのポイントを決めます。そして仕掛けを作る前にポイントにマキエを20パイ程入れてから、取り掛かりました。

今回の仕掛けですが、道糸はしなやかで扱いやすく視認性抜群の東レ「アイサイト/1・7号」、ハリスは根擦れに強い東レ「スーパーLハード/1・7号」、ウキは釣研「エイジアLC/00号」を使用した沈め釣りで、やってみる事にしました。しばらく沈め釣りでやっていましたが、毎投ツケエが盗られネリエすら持ちません。足元にこぼれたマキエをコッパグロ、フグ、ウミタナゴなどが拾っていましたので、どうやら底に届く前にエサ盗り達に食われてしまっているようです。

そこで次はウキを釣研「エイジアLC/5B」に替え、半遊動で一気にツケエを底まで落とす作戦にしてみます。タナを計ってみると、竿1本ちょっとだったので、それよりも深めの竿1本半弱にウキ止めを設定し、少しハリスを這わせるイメージで10m程先のカケアガリの落ち込みを流してみます。すると、この作戦がうまくいったのか、それともチヌが寄ってきているのか、ツケエが残って上がって来る事が多くなりました。集中して仕掛けを打ち返していると、ウキが消し込みチヌ特有の首振りが竿に伝わってきました。ヤリトリを楽しみながらゆっくりと浮かせてタモに収めたのは、いきなり51㎝のチヌでした!

このチヌを釣ってからは、しばらくアタリが無くなり時間だけが過ぎて行きます。それでも根気よく仕掛けを打ち返していると、潮がゆっくりと右に流れ始めました。これは良い感じ。「何か食いそうやな〜」と思っていると、ウキが一気に消し込みました。あまりに気持ちよくウキが消し込んだので、マダイかとも思いましたが、元気よく走りまわってくれたのは先程より少しサイズアップした52㎝のチヌでした。ボーズで帰る事の多い蒲江ですので、50㎝オーバーが2枚出ただけでも満足ですが、まだまだ大きなサイズを狙いたいので釣り続けます。

先程釣れた場所を同じように流していると、今度はゆっくりとウキがシモっていきます。そして少し沈んだ所で止まり、しばらく待っているとじわじわと加速して沈んでいきました。アワセを入れるとズッシリとした重量感が竿に伝わります! 明らかに先程までのチヌとは違う引きで、竿の反発を活かして魚の走りを止めようとしますが、これが止まらないほど強烈な引きで、糸を出して態勢を立て直します。すると今度は手前のカケアガリに沿って走り始め、左手にあるイカダの下へ向かっていこうとします。イカダの下に潜られるとロープで切れてしまうので、そうはさせまいと耐えていると、徐々に力が弱くなり少しずつ寄ってきました。足元に寄って来たチヌは、最後まで抵抗しますが何とかタモ入れに成功! 計測してみると、先程よりもさらに大きな55㎝の良型でした。

その後、期待の夕まずめは小アジが回ってきたのでチヌは不発でしたが、1日で年無しが3枚と大満足の釣行となりました。これから水温の上昇と共にチヌの乗っ込み前線も北上し、県内各地で楽しめる時期になります。皆さんも安全に気を付けて、釣りを楽しまれて下さい。

釣研FG東九州支部/GFG大分県支部/利光健一・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード