TOP ≫ 筏/川/ルアーTOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

私にとっての春告魚(アジ)、調査釣行!

2018年 4月 2日 15時頃

3月18日。ちょっと前の話ですが、聞いてください(笑)。「西日本釣り博」に行ってきました。結論から先に言うと、めちゃくちゃ面白かったー! 生まれ変わるガルプ、新色のエギ、ワーム。最強リールのステラ、イグジスト。両方とも軽いし、巻きが滑らかだし、凄いリールでした。そして、各メーカー所属のプロの方のトークショー。めちゃくちゃ参考になりました。聞いてて、納得って感じで面白かったです。また、次に開催されれば行きたいなと思いました。

4月2日、大潮。昼間が本当に暑く感じるようになりましたね。春を通り越して初夏のような天候が続いています。完全に春満開と言った感じでしょうか。そうなると春告魚を釣りに行かないといけませんね。しかし、私の中では春告魚はメバルではなくアジです。名前がアジンガーZだけに、今回は春アジの調査に行ってきました。それでは、実釣編スタートです。

①大分市内湾内ポイント

足場が良くファミリーフィッシングの方も多く来られるポイントです。型は期待できないけど、数釣りが出来るポイントです。

潮通しの良いポイントではないので、1gのジグヘッドを使います。私の中では潮通しが良くない湾内は、まず1gで様子を見ます。ライズしたり、カウントダウン数の小さな数字で釣れる時は、軽いジグヘッドに交換します。潮通しの良い流れの速いポイントは、1・2gからスタートします。こちらは、表層でライズしようが1・2gより軽くすることはありません。ボトムで釣れたり、大潮等で潮が速すぎる時は、どんどん重くしていきます。そして、ワームのカラーは海に濁りがある場合は色の濃いワーム、濁りの無い場合はクリア系を使用します。と言うことで、ここは1gのジグヘッドにクリア系のワームを使用します。まあ、これを基本形に状況を見て色々替えていきます。

それでは、準備してキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→テンションフォール→トゥィッチ→フォールでプルッっと反応。上手くアワセを入れて釣れたのは、待望のアジでした。正確にはゼンゴですが、嬉しい1匹です。その後も飽きない程度にポツポツと釣れます。そして、たまに外道で小さなメバルが釣れます。まだまだ釣れそうだけど、他のポイントも気になるので佐賀関までランガンです。

②奥ばった湾内ポイント

先程の市内ポイントより更に潮を通さないポイントです。でも、シーズン真っ只中ではアジが良く釣れるポイントです。その分、人も多く場所取りが大変なポイントです。まあ、この日は平日と言うこともあり、ポイントは貸し切りです。それでは、調査再開です。キャスト→プルッっと来て金魚メバル、金魚メバル…。アジは居なく、金魚メバルの群れが居るだけでした。ランガン。

③潮通しの良い湾内ポイント

湾内だけど潮通しが良くアジ、カマス、イカ等いろんなターゲットが狙えるポイントです。ここも人気のポイントだけになかなか入れませんが、本日は貸し切り。しかし、何投かキャストしてみますが、何も生命反応ないです。ランガン。

④エサ釣り師の居座りポイント

いつも常連のエサ釣り師が居座ってて、ほぼ入れないポイントです。そのくらいアジが大漁に釣れるポイントです。でも、本日はやはり貸し切りです。アジ釣れてないのかな?そして、ここでも何投かして釣れないので、リールを巻いて移動しようかとしてると、プルッと反応してアジ。しかし、この1匹の単発のみで、その後は無反応。ランガン。

⑤超激流ポイント

居れば釣れる、居なきゃ釣れない博打ポイントです。期待せずキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→潮に馴染ませてドリフトでプルッ! ロッドが大きく曲がり、固めに閉めてるドラグがジー、ジーと鳴ります。そして、釣れたのは良型のアジでした。居るじゃん(笑)。しかし、釣れるのが表層だったり、中層、ボトムと次々と変化するので、中々パターンを見つけるのが難しいです。それでも、ぽつぽつと飽きない程度に釣れます。そして、夜も更けきったところで納竿です。

○今回の釣り場
大分市内〜佐賀関

○今回の釣果アジ(ゼンゴ〜アジでMAX25㎝)が30匹

○今回の感想
完全に春アジパターンかと言うと疑問です。ただ、日々状況は良くなってくると思います。そして、ゴールデンウィークくらいにはどこでも楽しく釣れるのではと思います。皆さんもゴールデンウィークにアジング、又はファミリーでサビキでアジ釣りを予定に入れてみませんか。

Text & Photo by アジンガーZ
⑤超激流ポイント

居れば釣れる、居なきゃ釣れない博打ポイントです。期待せずキャストしてみます。キャスト→着水→任意カウントダウン→潮に馴染ませてドリフトでプルッ! ロッドが大きく曲がり、固めに閉めてるドラグがジー、ジーと鳴ります。そして、釣れたのは良型のアジでした。居るじゃん(笑)。しかし、釣れるのが表層だったり、中層、ボトムと次々と変化するので、中々パターンを見つけるのが難しいです。それでも、ぽつぽつと飽きない程度に釣れます。そして、夜も更けきったところで納竿です。

○今回の釣り場
大分市内〜佐賀関

○今回の釣果アジ(ゼンゴ〜アジでMAX25㎝)が30匹

○今回の感想
完全に春アジパターンかと言うと疑問です。ただ、日々状況は良くなってくると思います。そして、ゴールデンウィークくらいにはどこでも楽しく釣れるのではと思います。皆さんもゴールデンウィークにアジング、又はファミリーでサビキでアジ釣りを予定に入れてみませんか。

Text & Photo by アジンガーZ

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード