TOP ≫ 磯TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

鶴見の磯に乗っ込みチヌ釣り

2018年 4月 22日 11時頃

4月22日、小潮。ポカポカと暖かい日が続き、非常に過ごしやすい季節となりました。そんな中、皆さんもクロ釣りからチヌ釣りに切り替わった頃ではないでしょうか? 今回は旬の乗っ込みチヌを求めて、大分県南鶴見湾内の磯に行ってきました。鶴見湾内ではチヌの数釣りも出来る反面、55㎝前後の大型チヌも狙えるとても素晴らしいフィールドです。

同行者はいつもお世話になっている先輩の城本さんと後輩の中川くん、栗林くんです。私自身、磯でのチヌ釣り経験は浅く、ゆえに今回の釣行は以前より楽しみにしていた釣行の一つでした。早朝4時に出港。船は港を出てすぐに減速。まずは中川くん、栗林くんを「トギレ」に降ろします。その後、城本さんと私は「老松」に上礁しました。

今回のマキエは沖アミ生2角にいつも愛用しているマルキユー「チヌパワー遠投G」と「チヌパワーV10白チヌ」、「湾チヌスペシャル」を配合し、遠投が効くようにしっかりと混ぜ込みました。タックルは竿が「マスターモデルⅡチヌM・53」、道糸・ハリス共に1・5号をセットします。ウキは遠投が出来るように釣研「大征黒沈め」をチョイス。潮受けゴムからハリまでを竿1本程とり、フワフワと探っていけるセッティングにしました。

夜明けが来ました。磯から見る朝日はいつ見ても最高で、今日はどんな一日になるのか、どんな魚と出会えるのか本当にワクワクします。まずはポイントに20パイ程度マキエを打ちます。ツケエはマルキユー「食わせオキアミスペシャルチヌ」を使用し、マキエの帯の中に投入します。追い打ちマキエを5ハイほど打ち、アタリを待っているとすぐにラインが走ります。慌ててアワセを入れると、重量感たっぷりの引き。竿先がクンクンと叩き、チヌ独特の引きを楽しみながらヤリトリをしていると、ポンッとまさかのハリ外れ。幸先悪し。今日はどんな一日になるのか、魚に出会えるのか不安になります…。気を取り直し2投目。同様のパターンで狙うとすぐにアタリ。絶対にハリが外れないように鋭くアワセをいれます! ブチッ…、まさかの高切れ…。ますます不安になります。

隣では城本さんが1投目から40㎝級のチヌを釣り上げます。城本さんのヤリトリはいつ見ても綺麗で、大変勉強になります。城本さんは2投目にも同型サイズのチヌを釣り上げ、流石の一言! それを目の当たりにして慌てる私。まだ狙っていなかった遠投を試みます。ハリスにガン玉G5を追加し、マキエと仕掛けをフルキャスト! ゆっくりとトギレ方面に流れる潮に仕掛けを乗せて行くと、ラインがスーッと走ります。優しくアワセる? 鋭くアワセる? 色々なことが脳裏をよぎり迷ったあげく、全力アワセッ!ドンッと胴に感じる重量感。手前には沈み瀬があるため、中間地点で水面近くまで浮かせます。ギラギラとゆっくり上がって来たのは43㎝の綺麗な乗っ込みチヌでした。その後1枚追加するもアタリが途絶え、2回目の見廻りに来てくれた船長が「白崎1番が空いたけど行くかえ?」のご厚意に即瀬替わり。

「白崎1番」は先端部分が強風で上潮が滑っている状況。中間部にマキエを打ち観察すると、表層30㎝を過ぎると潮は止まっている様子。第1投目、少し多めにマキエを投入し、仕掛けは上潮を考慮して潮上の沖目に投入。道糸が風にとられないように穂先を海中に浸け、中間部分の道糸の馴染みを確認します。寄せた魚が散らないように追い打ちマキエを投げた瞬間、水中に浸けていた穂先が海面に出てきたかと思うと、バチバチッとラインが弾け飛ぶアタリ。アワセを入れるとすぐに足元の沈み瀬に向かって走ってきます。魚の速さに負けないように一生懸命リールを巻きます(汗)。何度もの突っ込みを避わし、ようやく浮いてきた魚は、42㎝の金魚のような口太グロでした。狙いは違いましたが、嬉しいゲストの登場です。2投目、3投目と連続でアタリがありますが、どちらも良型の口太グロ。嬉しいような悲しいような…。その後はクロのアタリもなくなり、深ダナまで探ってみますが、ツケエが残ってくる状況となり、二人とも「白崎1番」ではチヌの顔が見れないまま納竿となりました。

中川くん、栗林くんは40㎝前後のチヌの数釣りを楽しんだようでした。梅雨グロ開始まであと1ヶ月ちょっと、皆さんも今のうちに鶴見湾内のチヌ釣りに行かれてみてはいかがですか?

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/日野 志洋・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード