TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

本格的なチヌの数釣りスタート

2018年 4月 29日 0時頃

私の住む県北でも、乗っ込みチヌが釣れ始め、週末になるとソワソワし始める今日この頃です! 今回は4月から渡しが始まった中津港の赤灯台へと釣行することにしました。赤灯台へは4月22日、29日と今回で3度目の釣行になります。

22日は、釣友の谷口さんが48cmのチヌを釣り上げました。お見事でした!29日も40 cmオーバーが出たものの、まだ本格的に釣れてる感じではありませんでした。そこで5月に入り、もうそろそろ数も出るのでは? と思い、釣行に至りました。

朝6時の「原野丸」さんの便に乗り込み、赤灯台へと向かいます。今回はゴールデンウィーク明けだったこともあり、赤灯台へと渡ったのは自分を含め5人の釣り人と、比較的少ない人数でした。灯台から15m程歩いた場所を釣り座とします。すぐに数ハイのマキエを打ち込んで、それから仕掛けを作ります。この瞬間が、釣り人が1番ワクワクする時間ですね(笑)。前回に引き続き今回も半遊動で、タナは竿1本からのスタートです! マキエを15mほど先に打ち、1投目を投げます。ウキは釣り座から見て右へゆっくりと流れています。すると、いきなりウキが海中へと消し込みました!「えっ?1投目から?」と思いながらアワセを入れると、沖へと元気の良い走りを見せる魚、間違いなくチヌです!竿でためて寄せにかかります。今年は例年に比べて藻が少ないので、取り込みが楽です。上がって来たのは38cm級のメイタでした。

今日は何か良い感じ! と思いながら2投目、またウキが海中へと消しこみました。これまた良い引きで、手前に来ると右に走り出し、テトラへ潜りこもうとします。竿を左に倒して突っ込まれないようにヤリトリして、釣れたのはこの日最大の43cmチヌでした! それからも小型も交じりながら釣れ続けましたが、下げ潮に入ってからは流れが一気に速くなり釣り難くなります。一旦釣り座を休めるため、一緒に渡った釣り人さんと40分ほど雑談をした後に、また釣りを再開しました。

それでも状況は変わらず、相変わらず流れは速く釣り難い状態です。おまけに正面からも風が吹き初めました。そこで00号のウキにチェンジし、ウキを沈めての釣りへと変更。その4投目で張り気味にしていた道糸が一気に出て行きました!すかさずアワセを入れると、沖へとどんどん走って行きます! 十分にヤリトリを楽しんで取り込んだのは、40cmジャストのチヌでした!

その後もアタリが出続け、午前中だけの釣行で、リリースを含め20枚以上を釣り上げることができました。中津港でも1番魚影の濃い赤灯台は、今が型・数とも釣れてるので、是非渡ってチヌ釣りを楽しんでみてはいかがでしょう。

チームヤイバ九州大分支部/クラブキザクラ大分/九州真ぐれ会/岡野智治・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード