TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

最後まで諦めないチヌ釣り!

2018年 5月 10日 12時頃

最近は少しずつ水温が安定し、アジやチヌが大分市内でも良く釣れるようになって来ました。私も好釣の大分市内へ釣行して来たので、その時のレポートをご紹介します。大分市内のチヌは、マキエに反応して浮上してくるヤル気のあるチヌと、底に溜まったマキエを拾うチヌの2パターンがあります。本格的な夏になって水温が上昇してくると、チヌが浮いてエサを食う割合が高くなりますが、今の時期は底層を攻める釣りの方が良いのかなと思いながら、今回の舞台となるフィールドへ向かいました。

着くなり早速、マキエの支度をします。今回は沖アミ生にマルキユー「ナンバー湾チヌⅡ」、「チヌベスト」を混ぜ、ツケエも同じくマルキユーの「くわせオキアミスーパーハード」、「エサ持ちイエロー」、「アピールホワイト」を準備。仕掛けを組む前にマキエを打って、ポイントを作ります。足元にもマキエを入れると、エサ盗りが活発に動いているようで、コッパグロ、ベラ、ゼンゴ等が確認できました。仕掛けは遠投を視野に入れて、大遠投できる釣研の「剛黒」を使用。ウキ自体に自重が22g 前後あり、圧倒的に飛距離が伸び、また視認性も良く沖合でもウキが見えるので使いやすいです。

道糸はサンライン「磯スペシャルGOLDISH」。ラインの操作がしやすく、張りのある糸質で耐久性に優れた撥水性が凄いラインです。この製品は、ゴールドが約170㎝、それにピンクマーキングが約30㎝間隔で搭載されており、ラインの軌道で微妙なアタリが取れるのが特徴です。ハリスはサンライン「トルネードVハード」。しなやかさで傷のつきにくい超硬質仕上げで、長時間使用しても白く濁らず、チヌやクロにも威力を発揮します。

仕掛けの準備が出来たので、再度マキエを打ってチヌやアジを集めます。ツケエは「くわせオキアミスーパーハード」から様子を見ることにすると、すぐに「剛黒」にモゾモゾとアタリが出て、ウキが完全に消えたのを確認してアワセを入れます! なんだか軽くて抜き上げると、ゼンゴでした。お次もまたゼンゴ…。

ここで、隣で竿出しをしている副さんの竿が大きく曲がっています! すぐさま副さんの元へ駆け寄って釣った魚を見ると、良型のチヌでした。副さんとはよくチヌ釣りに行くのですが、毎回良型チヌを釣っており、流石の一言です。さらにお次は首藤さん、そして植木さん、佐保くんとチヌやアジを釣っています。圧巻は今回最大の最大魚を釣り上げた阿部さん! なんと3㎏を超えるチヌを釣り上げました! 皆さん釣りまくりです!私も奮起して狙い続けますが、なかなか思うようにチヌを釣り切れずに苦戦を強いられます。試行錯誤しつつ、副さんにアドバイスを教えてもらいながら実行すると、ウキが綺麗に消し込みラインが走りました! 焦らずにじっくりと送り込ませてアワセを入れ、ヤリトリを開始します! どうやら今までとは違い、重量感タップリで力強く引きます! ゆっくりと寄せて海面から姿を見せてくれたのは、狙いのチヌです! なんとか無事にタモに収まりました。型は少し小さいものの、綺麗なチヌで嬉しい限りです。タナはほぼ底層で、副さんのアドバイス通りツケエをローテーションさせたのが良かったと思います。また、チヌ釣りで重要なのは、最後まで諦めずに狙うということですね。

今回は諦めずに狙って最後に本命が釣れたので、とても嬉しかったです。今回も大自然に感謝です! ありがとうございました!

SSC/MFG九州/釣研FG東九州支部/GFG大分/藪田義人・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード