TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

取り留めの無い釣りの話

2018年 4月 29日 15時頃

「取り留めの無い」とは?「取り留め」は、話の結論やまとまりのこと。特に重要ではない単なるおしゃべり、らしい。なぜ、冒頭からこんな話をするかと言うと、これからご報告することは「取り留めの無い」釣りの話だからです。しかし、最後まで読んでいただけることを祈り、
①動画の場所へ行ってみた
②メバリング大会をやってみた
③何て日だ!をご報告させていただきます!

①動画の場所へ行ってみた

ある日のこと。職場の先輩ヒデさんからラインへ動画が送られてきた。大分県在住のプロアングラー、岩崎林太郎さん(以後、りんたこ)が大分県臼杵市の某所で良型メバルを釣りまくっているものだった。ヒデさん曰く「この場所に行ってみたい」とのこと。動画の内容から推察するに多分あの場所か? と推測。筆者も行ったことがないので、ヒデさんと二人で行ってみることに。

4月29日、臼杵市某所。間違いない! ここは動画のあの場所だ! しかし、こんなゴロタ場、メバルが釣れないわけがなかろーもん! 右斜め前方から吹いてくる風の影響で、海上は少しウネっているが、これくらい問題ないだろう。日暮れ前に15㎝のアカメバル。日が暮れれば、りんたこみたいに良型メバルをバンバン釣りあげて〜と思っていたが、おかしい…。日暮れから3時間粘ったが、二人ともメバルの魚信がほとんど無い。これはあれだ、プロだから、りんたこだから「釣れた」のだ。やっぱりプロは違うな! と言う結論に達したのであるが…。

後日、市内某釣具店の掲示板に同場所で、「29㎝の泣尺メバル」が釣れたとの情報が! これはあれだ、プロとか関係なく、我々だから「釣れなかった」のだ。悔しいから来年リベンジだ!

②メバリング大会をやってみた

大きなメバルを釣った人が優勝。メバルが釣れなかったときはどうする? そのときは、アジをたくさん釣った人が優勝!

5月13日、佐賀関は一尺屋の下浦港。前日から雨が降り続いていたが、夕方には止む予報。当初は中止としていたが、参加者の仕事の都合もあり決行することに。活性が低いことは予想していたが地磯へ行けば、何かしら釣れるんじゃね? と思っていた。しかし、考えが甘かった。4人で釣行しているが、誰一人アジすら釣れない。漁港内の常夜灯周りへ移動。職場のSGパイセンが堤防の際で、15㎝の小メバルをゲット。このままだとSGパイセンが優勝となってしまう。筆者「この大きさで優勝なんて、プライドが許しませんよね?」。SGパイセン「自分、そんなの気にしませんから」とのこと…。途中、参加の2名が加わり、6人になったタイミングで佐賀関は金山漁港へ場所移動を決断。しかし、ここでも魚信がほとんどない。ヒデさんが漁港内のスロープ付近で10㎝ほどのマイクロメバルをゲット。ヒデさん「俺、準優勝」。結局、15㎝の小メバルをゲットしたSGパイセンが優勝で、メバリング大会は寂しく終了した。

次の日の朝、職場へ行くとメバリング大会に不参加だった大先輩の大野さんから、「あんたら昨晩は釣りに行ったんかぇ」と声を掛けられた。しまった、大野さんに中止としていたメバリング大会を決行することを伝え忘れていた。大野さん「15㎝のメバル? じゃあ、俺が優勝だな!」。高笑いする大野さん。どうやら我々とは別の場所で釣りをしていたらしく、18㎝のメバルを1匹釣ったとのこと。まさかの伏兵に膝から崩れ落ちる筆者であったが、釣り場所、釣り方を確認すると「大在公共埠頭でマキエ」とのこと。大野さん…、今回の釣り大会、ルアーフィッシングですからぁ!

③何て日だ!

5月17日、佐賀関の辛幸(からこう)。朝まずめ、開始早々アジは釣れるが、18㎝前後と型が小さい。しかし入れ掛かり状態のため、カップルなどでアジングすれば、きっと楽しいに違いない。小メバルが釣れ始めるとアジの魚信も無くなる。どうやら、小メバルがアジ終了の目安のようだ。小さいけど、アジが釣れてます! ということで原稿を締めてしまおうかと思いましたが、さすがにこの情報だけでは弱すぎる。本誌読者の皆様は、いわゆるヘビーユーザー。カップルで楽しむなんて情報は不要でしょう!

佐賀関の小黒港へ移動し、メタルジグで青物を狙ってみることに。霧がすごくて視界が悪い。時折、目の前を通る漁船に注意しながら、1時間ほどメタルジグを投げるが反応なし。テキサスリグに切り替え、ボトムノックを繰り返すこと約1時間。ようやく釣れたのは、18㎝のホゴのみ。9時くらいになると暑くなり、汗ばむようになる。これ以上は期待できないな。良い釣りばかりじゃないからね。こういう「取り留めの無い」釣りが続くこともある。筆者が大好きなアイス「あずきバー」を食べて、本日の釣りを締めるとするか。佐賀関のファミマに寄りアイスコーナーへ行くと…、マジ? マジで?「あずきバー」が無いじゃん、何て日だ! という「取り留めの無い」オチで今回は、これにて終了! チーン!

HN/アトピーパパ・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード