TOP ≫ 波止TOP ≫ 釣行記事

釣り場 : 大分県

Writer : 編集部

Residence : 大分市

Club :

Pride :

坂ノ市一文字のチヌ釣り

2018年 5月 27日 11時頃

5月27日、中潮。職場でお世話になっている片山さん、奥村さんと私の3名で坂ノ市一文字に遊びに行ってきました。早朝6時より青い回転灯が目印の「大勝丸」に乗船し、縦一文字へ向かいます。この日は天気も良く、風も吹かない最高の釣り日和となりました。沖アミ生2角にマルキユー「チヌパワームギスペシャル」、「チヌパワー遠投G」、「チヌパワー激重」を1袋ずつ入れ、遠投性と二枚潮に対応できる比重が重いマキエとしました(坂ノ市一文字は時間帯によっては二枚潮になりやすいので、重いマキエがオススメです)。ツケエは同じくマルキユーの「くわせオキアミスーパーハード/L」と「くわせオキアミスペシャル/L」を用意し、さらに「食い渋りイエロー」、「高集魚レッド」のネリエ2種類も用意しました。

まずは仕掛けを作る前に50パイほどマキエを広範囲に打ち、10分が経過した後に再度25m沖に3m範囲内にマキエを打って行きます。そうして集魚してから仕掛けの準備に取り掛かります。今回使用したタックルは、竿はがまかつ「マスターモデルⅡ/L・53」、道糸とハリスは共に1・5号を使用し、ウキは釣研「プログレスチヌ/S4」をチョイス。ハリはがまかつ「チヌR/2号」を使用し、ハリ上20㎝にガン玉G4を取り付けます。

最初に打っていたマキエが効いていると想定し、先ほど投入していた所に3回目のマキエを20パイほど先打ちします。1投目のハリには加工オキアミを選択し、いよいよ仕掛けの投入。ウキがゆっくりと沈下するのを確認後、道糸に集中していると、さっそく道糸に反応が出ました! アワセを入れますが、ハリ掛かりせずにすっぽ抜けます。2投目も同様に、ツケエは沖アミを選択して投入します。仕掛けが竿1本半で馴染んだ頃、道糸が一気に走ったのでアワセを入れると「ん?軽い…」、上がって来たのはゼンゴでした。

3投目のツケエはネリエを選択し、色はイエローにしました。5分ほど流し、底に着いた辺りで誘いを入れます。すると道糸から反応があり、前アタリでフワッと糸が走ります。慌てず少し待つと、もう一度道糸が走り出したので、ここでアワセを入れました。するとコンコンと重量感のある本命らしき引き! チヌだと確信してゆっくりと寄せると、40㎝弱のチヌが顔を見せてくれました。

そして隣で釣っていた奥村さんもヒットし、上がって来たのは小型の綺麗なマダイでした。奥村さんは初めてのフカセ釣りということもあり、非常に喜んでいたので、見ているこっちまで嬉しくなりました。また、同行したもう一人の片山さんは、チヌ釣りのベテランで難なく本命のチヌを釣っていました。ヤリトリも余裕があり、非常に安定感のある釣技が流石でした。

そして本命の下げ潮が流れ始めると、一文字特有の二枚潮になります。投入角度やガン玉調整など細かい試行錯誤を行い、チヌへのアピールするためにツケエのローテーションを行いながら反応を探ります。何度も打ち返す中で反応が出たのはネリエのレッドでした。アタリはやはり底付近で、道糸が引っ張られた所でアワセを入れます。ゆっくり寄せて同サイズのチヌが釣れました。釣れたチヌを見ると、産卵が終わったばかりのようでお腹はスッキリとした体形になっていたので、完全に乗っ込みは終わった様子でした。

これから産卵を終えたチヌがだんだんと体力を戻し、エサを求めて捕食し始めます。また、一文字はチヌだけでなく多くの魚種が釣れ、良型のアジやサバはもちろん、夜釣りでは30㎝級のメバルの数釣りも楽しめる最高のフィールド。9月頃までは安定して釣りが楽しめそうです。日中は徐々に暑くなるので、熱中症対策を万全に行い、十分注意して釣行してください。今回は天気に恵まれ、最高の釣り日和でした。これからも時間が許す限り釣行したいと思います。皆さんもぜひ坂ノ市一文字へ足を運んでみて下さい。

釣研FG大分県支部/GFG大分/MFG九州/城本透・記

筆者のタックル

つり太郎WEB内を検索

バーコード